【ドラゴンゲート】佐藤翔也が腰のヘルニアが悪化で現役引退へ

ドラゴンゲートより団体所属の佐藤翔也が持病である腰のヘルニアが悪化し、自身の凱旋大会である5月24日(火)山形・南陽市民体育館大会での試合をもって現役を引退する事を発表した。

▼以下、団体リリースより

このたび、団体所属の佐藤翔也選手が負傷箇所である腰のヘルニアの悪化に伴い、自身の凱旋大会である5月24日(火)山形・南陽市民体育館大会での試合をもって現役を引退することとなりました。

同選手のラストファイトをぜひ応援いただけますよう、心よりお願い申し上げます。

《佐藤翔也選手のコメント》

突然のご報告となりましたが、持病であった腰のヘルニアが悪化し、医師の診断ではこのままプロレスを続けた場合は日常生活へ影響する可能性もあるとのことから、断腸の思いで引退を決意致しました。

この年齢で怪我を抱えながらもプロレスラーとしてデビュー出来たこと、そして短い現役生活ではありましたがこれまで応援してくださった皆様には感謝しかありません。

最後の試合はこれまでの全てを出し切るつもりで闘います。

応援のほど宜しくお願い致します。

<写真提供:DRAGON GATE>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事