【GLEAT】25周年のCIMAが鷹木信悟とのタッグで勝利し感謝!鷹木「GLEATな刺激をもらったよ」

GLEATは18日(水)東京・後楽園ホールにて『G PROWRESTLING Ver.25』を開催すると、デビュー25周年のCIMAが鷹木信悟とのスペシャルタッグで勝利を飾った。

この日のセミファイナルで行われたCIMA25周年記念プレミアムマッチでCIMAがドラゴンゲート時代の後輩である鷹木信悟とタッグを組み、バルクオーケストラのKAZMA SAKAMOTO&河上隆一と激突。

このカードが発表された際にはかなりの話題となっていたが、CIMAは先に入場すると続けて登場した鷹木をロープを上げて向かい入れた。

試合はCIMAがバルクオーケストラに捕まり攻め込まれたが、鷹木が挽回して反撃。

KAZMAに標準を絞った二人は終盤に鷹木が「ウオー!」と拳を上げる串刺しラリアットを見舞うと、CIMAも串刺しラリアットで続く。

そして、トカレフからのシュバインを見舞うと、最後は痛む膝を叩き気合を入れるとメテオラを炸裂させ3カウントを奪った。

お互いに称え、アピールすると大きな拍手が送られた。

▼バックステージでのコメント

CIMA「センキューベリマッチ」

鷹木「いや~久々の感覚だなこれ」

CIMA「何にも変わらんよ。結局は」

鷹木「純粋に組むのはBlood Generation 、2006年だか7年だか、15年ぶりだよ15年ぶり」

CIMA「オリンピック約4回。まあ、なにより、いまGLEATでやってるけど、いま信悟は新日本プロレスで去年はIWGPも取ってるから、よくね、リンダマンとかほんとに新日本プロレスのプロレス自体が好きなんでいろいろ情報入れてくれるんで。来てくれてほんとにありがとうございます」

鷹木「まあでもね、実を言うと最初オファーもらったとき、俺、正直戸惑った。だって言ってみたら俺をを綺麗に送り出してくれた神戸のDRAGONGATEに義理があったから。ただ、俺聞いたんだ、新日本の担当に。このカードはLIDEDの提案したカードですか?そしたら即答したよ。CIMAさんがCIMA・鷹木組でやりたいと。それ聞いたら俺は断る理由はないっすよ。言ってみたら俺も18年やってけど、デビュー戦のときは隣にCIMAがいた。初めての海外遠征も隣にCIMAがいた。若い頃は打倒CIMAでやってきたからね。まあ俺も言ってみたらプロレス人生18年、たかだか18年のプロレス人生だけど、あなたの存在は大きく影響してますから。だったら、CIMAの25周年俺が隣にいてもおかしくないでしょ」

CIMA「まあ俺もね、いろいろ下田さんから信悟の情報聞いてて。1月4日東京ドーム出してもらった時に、まあ気持ち複雑な状況ていうのはあったけど。でもいまはLIDET、そしてGLEAT代表してる人間やから、そのGLEATをどんどん、輪を、渦巻きを大きくしていくのがいまの俺の役目やと思ってるんで。まあ過去ね、同じ団体にいたから俺は先輩であり上司であり、うっとうしい相手だったと思うんでね、ライバルであったかも分からんけど。何言われてもそれは当然や。皆さんも会社、学校、部活、そうでしょ?でもね、それを全部受け止めて。またこういう時がくれば応えてくれる。それが人生の精算じゃないですか。まだまだ25年、やはりたいこと。これで鷹木信悟が新しい扉開いてくれたもわからんから」

鷹木「いやあまだまだ25周年やることありますよ」

CIMA「ほんとに、(鷹木と)同じ山梨の武藤さんじゃないけど、ほんとに膝壊れてもいいと思ってるから。まあ信悟もパンピングボンバーいろいろあるけど、腕壊れようが、首壊れようが、とことんこの男は頑丈やから。頑丈で、パワーがあって負けず嫌いで、向上心があって、野心があって、ちょっとジャイアンで」

鷹木「間違いない」

CIMA「そんな鷹木信悟やから、日本のプロレス界、どんどんどんどん引っ張ってもらいたいし、今日GLEATのファンは生信悟見れたし、T-Hawk 、リンダマン、鬼塚、今日控室で生鷹木信悟見れたから、試合に絡んでなくても、河上とかKAZMAとか他の連中もすごい刺激を運んでくれたから、このブーストをGLEATの力として、いまからメインイベントあるけど、我々身内でも今日みたいに後楽園ホール(お客さん)パンパンイケるようにしたいと思うんで。まだまだT-Hawkが新日本プロレスに宣戦布告したな」

鷹木「あの野郎、三冠のタイトル戦も決まったみたいで」

CIMA「次はクビ狙われる番やろ」

鷹木「ほんとだよ。このあとリンダタイトルマッチ。リンダはスーパージュニア出るし、俺もGLEAT出てめちゃくちゃGLEATな刺激もらったよ。こういう偉大な先輩もいるし、元気ないい後輩もいるから、しっかりと、元気ハツラツ頑張っていきます」

G PROWRESTLING Ver.25
日時:2022年5月18日 (水)開始18:305
会場:東京・後楽園ホール

セミファイナルG PROWRESTLINGタッグマッチ CIMA25周年記念プレミアムマッチ
●KAZMA SAKAMOTO
河上隆一
vs.
鷹木信悟
○CIMA

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事