【新日本】オカダ・カズチカが地元・愛知県安城市のPRアンバサダーに就任!凱旋試合も決定

 新日本プロレスのIWGP世界ヘビー級王者 オカダ・カズチカが、自身の生まれ故郷である愛知県安城市(あんじょうし)のPRアンバサダーに就任した。


※市長・観光協会会長との3ショット

 5月20日(金)、安城市役所にて委嘱式が行われ、神谷学市長よりオカダ選手に委嘱状が交付された。
 また、2022年11月12(土)には東祥アリーナ安城(市体育館)にて新日本プロレスの大会開催も決定。
安城市は市制施行70周年、新日本プロレスは創立50周年、そしてオカダが“レインメーカー”になって10周年という記念すべき年に、オカダの凱旋試合が行われる。

 市長は委嘱式の中で、「安城市PRアンバサダーとして安城市を全国、全世界に広めてほしい」とオカダにメッセージを送った。実はオカダが市長と面会するのは、10年前の市長表敬訪問時、そして東京2020オリンピック聖火リレーの時と、本日で3回目となる。昨年訪問した際に、「2022年は安城市制70周年、新日本プロレス創立50周年なので一緒にお祝いできると良いですね」と話していたことを市長が明かした。

 オカダは、安城市の良いところを沢山プロモーションするべく、「PRの雨を降らしていきたい!自分の活躍で安城市のことを広めていきたい」と語り、最後は「安城市にカネの雨が降るぞ!」と“レインメーカー”オカダ・カズチカ選手のキメ台詞で委嘱式を締めた。

 オカダは2022年度を通して、「安城市PRアンバサダー」としてSNS等で、観光名所や地域特産品等、安城市の魅力を広く発信していく予定となっている。

【オカダ・カズチカ コメント】
オカダ・カズチカがレインメーカーになって10周年という節目に、生まれ故郷で凱旋試合を行うことができ、大変嬉しく思っています。安城市の方々にプロレスの試合を見てもらい、楽しんでいただけるよう頑張ります。
また、安城市PRアンバサダーにも就任させていただき、安城市とプロレスどちらも盛り上げていきたいと思います。

【安城市制施行70周年×新日本プロレス創立50周年記念 オカダ・カズチカ安城市凱旋試合】
日程:2022年11月12日(土)
場所:東祥アリーナ安城(市体育館)
※その他詳細は市HPや新日本プロレスHPにて追って発表される。

【オカダ・カズチカ プロフィール】
1987年、愛知県安城市生まれ。
新日本プロレス所属プロレスラー。プロレス界にカネの雨を降らせる男「レインメーカー」。
15歳でウルティモ・ドラゴンが校長を務める闘龍門に入門しメキシコに渡る。2007年に新日本プロレスに移籍。
2012年2月のIWGPヘビー級王座を史上2番目の若さ(当時24歳)で戴冠して以降、破竹の活躍を続ける。
現在IWGP世界ヘビー級チャンピオンで、今年、創立50周年を迎える新日本プロレスの顔として活躍。
バラエティ番組を中心にメディア露出も多く、著書『「リング」に立つための基本作法』(幻冬社)が発売中。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加