【DDT】ダムネーションT.Aがイラプションを破り、KO-D6人タッグ王座を奪還!佐々木大輔「拳王!DDTを背負って、オマエの前に立ってぶっ潰す!」

 DDTプロレスが5月22日、東京・後楽園ホールで「Audience 2022」を開催。KO-D6人タッグ王座決定トーナメント決勝戦はダムネーションT.A(佐々木大輔、MJポー、KANON)がイラプション(樋口和貞、坂口征夫、岡谷英樹)を破り、王座に返り咲いた。

 同王座は佐々木、藤田ミノル、MJポー組が保持していたが、藤田の左眼窩底(がんかてい)骨折による欠場で返上扱いとなり、5月6日の東京・新宿FACEから4チーム参加のトーナメントでベルトを争奪することになった。

 6人タッグ王座に思い入れがあるイラプションは序盤から積極果敢に攻め込んだ。15分過ぎ、岡谷がKANONにノーザンライト・スープレックスから、ダブルアーム・スープレックスを繰り出して、決めにいくも、セコンドの藤田がレフェリーの足を引っ張って阻止。ここぞとばかりに、ポーが岡谷、坂口にイス攻撃、佐々木はセコンドの赤井沙希の側頭部にイスを叩き込んで形勢逆転。

 岡谷も必死で食い下がるも、ダイビング・ニードロップが自爆すると、KANONがラリアットから旋回式ブレーンバスター。佐々木がペディグリーからクロス・フェースロックで絞め上げると、たまらず岡谷がギブアップを喫した。

 佐々木は「当然の結果だ。このくだらないトーナメント、優勝してやったぞ。オイ、赤いの(岡谷)、そのダサい赤い髪とコスチュームを捨てたら、俺たちの仲間に入れてやるよ。でも、オマエはこの100万ドルの才能を持つKANONの一生下だ」と勝ち誇った。

 そして、「赤いの、テメエのせいで思い出した。ノアの赤いの、拳王! 今回だけだ。サイバーファイトフェス、さいたまスーパーアリーナ(6月12日)。佐々木大輔がDDTを背負って、オマエの前に立って、ぶっ潰す。覚えとけ」と一騎打ちを行う拳王を挑発した。

 バックステージで佐々木は「俺たちの元にようやくベルトが戻ってきた。1回戦も決勝もアイツら、相手にならねぇ。次は(KING OF DDT)トーナメントか。俺かKANONか、誰でも優勝できるんだ。(6人タッグは)誰も出てこないなら、次のベルトを狙う」と怪気炎。

「DDTを背負う」と発言したことについては、「こんなことを言うなんて珍しいだろ? ふだんはこんなこと思ってもないけど、今回はこんな恥ずかしいことを言うくらいの覚悟で、アイツの前に立ってやる。必ずアイツをぶっ潰す」とコメント。

 ベルト獲りがならなかった坂口が「今日の負けはムダじゃない。赤井だっているんだよ。まだ全然いける。しつこいからな。勝つまで行く」と言えば、樋口は「イラプションに申し訳ない。ずっと後押ししてくれた赤井さんに申し訳ない。6人タッグのベルトあきらめたわけじゃないんで。まだまだ狙っていこうと思います」と話した。

 さらに、サイバーファイトフェスで遠藤哲哉、秋山準と組み、丸藤正道、小峠篤司、稲村愛輝組と対戦する樋口は「個人としてもノアに乗り込んだりするんで、イラプションの樋口和貞として暴れ回って、一人で全員ぶっ倒すくらいの気持ちなんで」と語り、遠藤、秋山とは一線を画すことを強調していた。

 また、DDT最強の座を決めるトーナメント「KING OF DDT 2022」に、遠藤、秋山、HARASHIMA、吉村直巳、MAO、上野勇希、クリス・ブルックス、高梨将弘、樋口、坂口、岡谷、火野裕士、納谷幸男、佐々木、KANON、飯野“セクシー”雄貴の16選手が参戦。6月16日の東京・新宿FACEで1回戦、同19日の後楽園で2回戦、7月3日の後楽園で準決勝、決勝を行う。

【大会名】Audience 2022
【日時】2022年5月22日(日)
【会場】東京・後楽園ホール
【観衆】529人

▼オープニングマッチ 30分一本勝負
○吉村直巳 vs 石田有輝●
5分45秒 片エビ固め
※払い腰

▼第二試合 ノータッチルール 30分一本勝負
飯野“セクシー”雄貴&男色“ダンディ”ディーノ&○彰人 with 今成“ファンタスティック”夢人 vs HARASHIMA&大鷲透&アントーニオ本多●
10分52秒 足4の字固め

▼第三試合 スペシャルシングルマッチ 30分一本勝負
○上野勇希 vs 平田一喜●
9分13秒 体固め
※WR

▼第四試合 スーパーハードコアガールズvsプロミネンス全面対抗戦~スペシャルハードコアマッチ 30分一本勝負
カルーセル❤️シュン&●エリザベス❤️トーイ vs 鈴季すず○&藤田あかね
12分18秒 ジャーマン・スープレックス・ホールド 

▼第五試合 30分一本勝負
遠藤哲哉&秋山準&岡田佑介&○高鹿佑也 vs 火野裕士&納谷幸男&イルシオン&エル・ユニコーン●
14分38秒 逆エビ固め

▼セミファイナル KO-Dタッグ選手権試合 60分一本勝負
<王者組>●クリス・ブルックス&高梨将弘 vs MAO○&朱崇花<挑戦者組>
14分8秒 片エビ固め
※大阪臨海アッパー。CDKが3度目の防衛に失敗、MAO&朱崇花組が第74代王者組となる。

▼メインイベント 第46代KO-D6人タッグ王座決定トーナメント決勝戦 時間無制限一本勝負
○佐々木大輔&MJポー&KANON vs 樋口和貞&坂口征夫&岡谷英樹●
20分4秒 クロス・フェースロック
※DAMNATION T.Aが第46代王者組となる。

〈写真提供:DDTプロレスリング〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事