【DDT】MAO&朱崇花がミックストコンビで史上初のKO-Dタッグ王座戴冠!「この冒険どこまで行けるか分からないけど、楽しみましょう!」

 DDTプロレスが5月22日、東京・後楽園ホールで「Audience 2022」を開催。MAO、朱崇花組がCDK(クリス・ブルックス、高梨将弘)を破り、ミックストコンビで史上初のKO-Dタッグ王座を戴冠。朱崇花は同王座史上初の女子での王者となった。

 序盤、CDKは入場ゲートをMAOの体の上に倒して動けなくすると、その間、朱崇花がローンバトルをしいられた。脱出したMAOは入場ゲートの上からクリスにムーンサルトアタックを敢行すると、朱崇花は高梨にミサイルキック、ハイキック、ライガーボムで猛攻。

 その後、両軍とも、合体技の応酬で一進一退となるが、朱崇花が場外のCDKめがけて強烈なミサイルキックを繰り出した。

 MAOがみちのくドライバーⅡをクリスに見舞うもカウントは2。クリスも丸め込みで返していくが、MAOが竜巻旋風脚から、走り込んでの大阪臨海アッパーをクリスのアゴに叩き込み、3カウントを奪取した。

 DDT UNIVERSAL王座と併せて2冠王に輝いたMAOはバックステージで「だから確信してたんだよ。いけるって。女性初のKO-Dタッグ戴冠っていう未知の冒険の第一歩を踏み出した。そして、行き先も分からない特急に乗り込んでしまった。この冒険どこまで行けるか分からないけど、楽しみましょう」と歓喜。

 朱崇花は「思いがけず泣いちゃった。DDTのリングで泣くことになるとは思わなかった。即興タッグなのに、MAOちゃんとベルト巻けた。だから、すごいものをつくっていけるんじゃないかな」と笑みを見せた。

 なお、UNIVERSL王者のMAOは6月1日の後楽園で高梨の挑戦を受け、2冠死守を目指すことになった。

【大会名】Audience 2022
【日時】2022年5月22日(日)
【会場】東京・後楽園ホール
【観衆】529人

▼オープニングマッチ 30分一本勝負
○吉村直巳 vs 石田有輝●
5分45秒 片エビ固め
※払い腰

▼第二試合 ノータッチルール 30分一本勝負
飯野“セクシー”雄貴&男色“ダンディ”ディーノ&○彰人 with 今成“ファンタスティック”夢人 vs HARASHIMA&大鷲透&アントーニオ本多●
10分52秒 足4の字固め

▼第三試合 スペシャルシングルマッチ 30分一本勝負
○上野勇希 vs 平田一喜●
9分13秒 体固め
※WR

▼第四試合 スーパーハードコアガールズvsプロミネンス全面対抗戦~スペシャルハードコアマッチ 30分一本勝負
カルーセル❤️シュン&●エリザベス❤️トーイ vs 鈴季すず○&藤田あかね
12分18秒 ジャーマン・スープレックス・ホールド 

▼第五試合 30分一本勝負
遠藤哲哉&秋山準&岡田佑介&○高鹿佑也 vs 火野裕士&納谷幸男&イルシオン&エル・ユニコーン●
14分38秒 逆エビ固め

▼セミファイナル KO-Dタッグ選手権試合 60分一本勝負
<王者組>●クリス・ブルックス&高梨将弘 vs MAO○&朱崇花<挑戦者組>
14分8秒 片エビ固め
※大阪臨海アッパー。CDKが3度目の防衛に失敗、MAO&朱崇花組が第74代王者組となる。

▼メインイベント 第46代KO-D6人タッグ王座決定トーナメント決勝戦 時間無制限一本勝負
○佐々木大輔&MJポー&KANON vs 樋口和貞&坂口征夫&岡谷英樹●
20分4秒 クロス・フェースロック
※DAMNATION T.Aが第46代王者組となる。

〈写真提供:DDTプロレスリング〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事