【新日本】首位にデスペラード、リンダマン、ファンタズモの3選手!2点差で5選手が追う混戦模様!<5.26後楽園:Bブロック公式戦>

新日本プロレスは5月26日(木)、東京・後楽園ホールにて1,015人の観衆を集め、『BEST OF THE SUPER Jr.29』大会を開催した。

『BEST OF THE SUPER Jr.29』
2022年5月26日(木) 17:30開場 18:30開始
会場:東京・後楽園ホール
観衆:1,015人

今大会は『BEST OF THE SUPER Jr.29』Aブロック公式戦、Bブロック公式戦が5試合ずつ行われた。
Bブロック公式戦5試合を掲載。

➡Aブロック公式戦5試合はこちらから

 

▼第1試合 30分1本勝負
『BEST OF THE SUPER Jr. 29』Bブロック公式戦
マスター・ワト〇(2勝4敗=4点)
vs
ティタン×(1勝5敗=2点)
8分16秒  RPP→片エビ固め

■試合後バックステージコメント


ワト「よし…! まずティタン。ムーチョ・グラシアス・アミーゴ!やっぱりメキシコの香りは最高だな。そして、『SUPER Jr.』、やっと4点目で2勝。昨日も言ったけど、俺は諦めが悪い。最後の最後まで食らいついて、その“銀色の翼”を“黄金の翼”に変えてやるよ」
 

ティタン「体力の消耗するリーグだ。しっかり休む時間もなく、立て続けのリーグ戦。でも大丈夫、俺はニュージャパンへの愛があるから。そして神のおかげでこうして闘い続けることができる。ここまで負け越しだが、俺はこんなもので終わらない。最下位だけど、ここからなんとかして這い上がってみせる。ニュージャパン、そしてファンのみんな、ありがとう」

 

▼第2試合 30分1本勝負
『BEST OF THE SUPER Jr. 29』Bブロック公式戦
DOUKI×(3勝3敗=6点)
vs
 結果結果 TJP〇(3勝3敗=6点)
8分39秒  ピノイストレッチ

■試合後バックステージコメント


TJP「ファンのみんなが笑ってる。なぜだ?俺がリングを去るとき、みんなはハイタッチしてくれてたが、これで得たのはたった2点だ。仕事はこれで終わりか?そうは思わない。2連勝で、合計3勝。だが、仕事はまだ終わっちゃいない。俺たちにはまだ少しやることがある。俺はこのリーグでの勝者の考え方を持っている。前にも言ったが、UNITED EMPIREはトップ選手のチームだ。俺たちはキングだ。このチームにリーダーはいない。俺たち全員がリーダーだ。だから、俺たちは勝てる。今晩、仕事はまだ終わっちゃいない。俺はDOUKIを追い抜いた。次の展開を見てみようか。」


DOUKI「(※腰を押さえながら床に倒れ込み)Holy Shit! F●●k! クソッ、クソーッ!あー、やっぱスゲェな、TJP。オジキんとき(対金丸戦)もそうだけど、見るのと当たるのじゃ違うな。クソッ! 悔しい。実力者だってことは知ってたけど、奥が深いな。(※立ち上がって)しょうがない、次、次だ。次の対戦相手、分かるヤツいるか!? (※すぐに手で制して)分かってるよ。」

➡次ページ(後半戦)へ続く

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2