【新日本】イーグルスがデスペラードを撃破し5勝目!Bブロック単独首位のファンタズモを追走!!

新日本プロレスは5月29日(日) 、東京・大田区総合体育館にて1,890人の観衆を集め、『BEST OF THE SUPER Jr.29』大会を開催した。

『BEST OF THE SUPER Jr.29』
日時:2022年5月29日(日) 17:30開場 18:30開始
会場:東京・大田区総合体育館
観衆:1,890人

今大会は『BEST OF THE SUPER Jr.29』Aブロック公式戦、Bブロック公式戦が5試合ずつ行われた。

メインでは『BEST OF THE SUPER Jr.29』Bブロック公式戦として、ロビー・イーグルス(4勝3敗)とエル・デスペラード(5勝2敗)が対戦。

序盤から徹底した膝攻めを見せるデスペラードに対し、イーグルスも悶絶。

両者相譲らぬスピーディーな攻防を繰り広げるも終盤デスペラードのピンチェ・ロコに捕まるイーグルス。

これを何とかしのいだイーグルスはスワンダイブのワープ4.5をデスペラードの膝に命中し、かなりのダメージを負わせた。

最後はイーグルスが執念のロン・ミラー・スペシャルを決めると、膝のダメージが大きいデスペラードはたまらずギブアップし、イーグルスが5勝目を挙げた。

 

<試合結果>

▼第10試合 30分1本勝負
『BEST OF THE SUPER Jr. 29』Bブロック公式戦
ロビー・イーグルス 〇(5勝3敗=10点)
vs
エル・デスペラード ×(5勝3敗=10点)
19分21秒  ロン・ミラー・スペシャル

試合後、勝利を収めたイーグルスはマイクを手に取り「この間、俺は残り全部勝つと言った。そしてその通りのことをした。でも、優勝決定戦に上がるにはあと一つ残ってる。絶対に優勝して武道館で『SUPER Jr.』の優勝トロフィーを高く掲げる。この間の後楽園でも言ったけど、みんな俺を信じてついてきてくれてありがとう。コレガ、ワタシノ、ジカンデス!」

■試合後バックステージコメント

イーグルス「ソーリー、座って話してもいいかな……。またこの会場に戻ってきた! 最後にここで試合をしたのは2年前(2020.1.6)のことだ。あのときはスズキグンにヘビー級4人がかりでボコボコにされた。だから今日、このリングに上がって、また(鈴木軍の)4人をまとめて相手にするような感覚がした! デスペラードはすべてをぶつけてきてくれた。俺のヒザは完璧に壊れてるような気がする。でも、最終日のティタン戦も絶対に勝たないと! ティタン、俺の優勝の邪魔はさせないぞ! わかったか!? 俺は絶対にお前から勝たないといけない! デスピーさん……去年の『BEST OF THE SUPER Jr.』でも言ったけど、また俺と対戦したいなら、リベンジしたいなら、オーストラリアまで来い! シドニー、メルボルン、ブリスベン、アデレード、パース、ダーウィン、タスマニアでもどこへでも行くぞ! 世界のどこでもやってやる! お前と試合をして、お前に勝つ。これ以上の快感はない! 今日でこの俺が最強だってことがハッキリとわかっただろう。『BEST OF THE SUPER Jr.』を優勝できるのは世界のf●●kingベストだけだ!」
 
 

デスペラード「クソ……ナメてなんかいなかった。全力だった。チクショウ! また会いましょうってか、クソが……。『SUPER Jr』じゃもう終わっちまったからよ、お前が呼ぶんだったらよ、どこでも追っかけてってやるよ。それでもよ、まだ(5.31)富山が残ってんだ。1番おっかねえファンタズモだけどよ、俺がB(ブロック)の代表になんなきゃダメだろ」

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事