【DDT】遠藤哲哉がKO-D無差別級王座を返上「また0から頂点に這い上がる姿を皆様に必ずお見せします」

DDTプロレスは14日、欠場中のKO-D無差別級王者・遠藤哲哉からの王座返上の申し出を受け、「KING OF DDT 2022」の優勝者を第79代KO-D無差別級王者として認定することを発表した。

遠藤は12日にさいたまスーパーアリーナで行われた「CyberFight Festival 2022」の第8試合のNOAHvsDDT対抗戦の試合中に脳震とうを起こしたが、翌日に大事をとって6月16日新宿大会以降しばらくの間欠場することが発表されていた。

団体からの発表後に遠藤は自身のTwitterを更新し「サイバーファイトフェスという大舞台で不覚をとってしまい、ファンの 皆さんの期待を裏切る結果となってしまいました。自分自身に対して不甲斐なさを感じています。ただ結果は結果として受け止めて前に進んでいかなければならないのだと思っています。復帰時期に関しては医師や会社と相談して慎重に決め たいと思ってますので、現時点では未定です。DDT の最強を決めるKODトーナメントを欠場する自分がKOD無差別級を所持し続けることに違和感を覚えますのでベルトを返上さ せて頂きます。申し訳ありません。もう少しだけ時間を下さい。また0から頂点に這い上がる遠藤哲哉の姿を皆様に必ずお見せします」と現在の心境をつづった。

そして、別のツイートにて「団体や選手に対する誹謗中傷はどうかおやめください。 全員プライドを持ってリングに上がってますので」とファンへ向けてメッセージを送った。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事