【DDT】樋口和貞が納谷幸男との壮絶な肉弾戦を制し「KING OF DDT」2回戦に進出!「トーナメントで上に上って、強さの象徴になって、遠藤哲哉を待ちたいと思います」

DDTプロレスが6月16日、東京・新宿FACEで「DDT FREE -June- KING OF DDT 2022 1st ROUND」を開催。

DDT最強を決めるトーナメント1回戦で、樋口和貞が納谷幸男との壮絶な肉弾戦で勝利し、優勝を宣言。

2回戦では、遠藤哲哉欠場のため不戦勝となったDDT UNIVERSAL王者・高梨将弘と対戦する。

当初、この日のメインイベントは遠藤VS高梨戦の予定だったが、遠藤欠場により、樋口VS納谷戦がメインに繰り上がった。

試合はスーパーヘビー同士による、まさしく肉体と肉体のぶつかり合いに発展。

樋口のチョップと納谷のエルボー合戦、さらに樋口のチョップと納谷のミドルキックの応酬。それでも両者は一歩も引かず、樋口がラリアット連打を叩き込んでいけば、納谷はニーリフト連発で返した。

納谷はチョークスラムで追い込むも、樋口はラリアット、ぶちかまし、ドクターボムを繰り出すも、納谷はカウント2で返した。

ならばと樋口はブレーンクロー・スラムを決めて、粘る納谷から3カウントを奪った。

マイクを持った樋口は「納谷、言った通りだったな。今日が一番強かった。納谷、オマエのことも背負ってやる。遠藤哲哉が欠場して、トーナメントにベルトが懸かってます。あのさいたまスーパーアリーナのリングのなかにいた一人として、俺が必ずトーナメントで上に上って、強さの象徴になって、遠藤を待ちたいと思います」と堂々の優勝宣言。

バックステージで、樋口は「納谷幸男、強かったよ。ただ、俺だって背負ってんだ。遠藤哲哉の魂を。今日勝った納谷の魂も背負って行ってやる。背負って上に行ってベルト獲って、DDTを背負ってやる。必ず頂点に立って、俺が遠藤哲哉を待つ! (高梨は)強いよ。ただ、それに打ち勝たないと先はないと思ってる」とコメント。

2回戦で樋口との対戦が決定した高梨は「あんまりこういうことは言わないんだけど、樋口と納谷。すごかったよな。納谷は胸を真っ赤にして、樋口にもすげえ蹴りが何発も入ってた。それでもアイツら、戦うのやめないで真っ向からやり合うんだよ。あんな試合見せられたら燃えるだろ」と発言。

善戦むなしく敗れた納谷は「きつかった。人生初のシングルのメイン。背負うなんて大層なことは言えないですけど、遠藤さん欠場でメインになって、“俺らがDDTを見せないといけない”って、すごいプレッシャーで試合して。絶対勝ちたかったんですけど、勝てなかった。それがまだ僕が上に立てないということだと思います。樋口さん、絶対ベルト獲ってください。そして、その上でもう1回シングルしてください。それまでにもっと強くなってます」と悔し涙を流した。

【大会名】DDT FREE -June- KING OF DDT 2022 1st ROUND
【日時】2022年6月16日(木)
【会場】東京・新宿FACE
【観衆】444人(超満員札止め)

▼ダークマッチ 10分一本勝負
高梨将弘&△小嶋斗偉 vs 岡田佑介&高鹿佑也△
時間切れ引き分け

▼オープニングマッチ トーナメント1回戦 時間無制限一本勝負
●岡谷英樹 vs HARASHIMA○
9分6秒 体固め
※蒼魔刀

▼第二試合 トーナメント1回戦 時間無制限一本勝負
●クリス・ブルックス vs 吉村直巳○
7分24秒 片エビ固め
※払腰

▼第三試合 トーナメント1回戦 時間無制限一本勝負
○上野勇希 vs KANON●
15分9秒 片エビ固め
※BME

▼第四試合 トーナメント1回戦 時間無制限一本勝負
●火野裕士 vs 佐々木大輔○
8分45秒 横入り式エビ固め

▼第五試合 トーナメント1回戦 時間無制限一本勝負
○飯野“セクシー”雄貴 vs MAO●
14分59秒 アース・シーシャ 

▼セミファイナル トーナメント1回戦 時間無制限一本勝負
○秋山準 vs 坂口征夫●
10分46秒 片エビ固め
※リストクラッチ式エクスプロイダー

▼メインイベント トーナメント1回戦 時間無制限一本勝負
●納谷幸男 vs 樋口和貞○
18分45秒 体固め
※ブレーンクロー・スラム

<写真提供:DDTプロレスリング>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加