【新日本×AEW】ウィル・オスプレイがUSヘビー王座を初防衛!柴田勝頼が登場 UNITED EMPIREを一蹴

日本プロレスは現地時間6月26日、アメリカ・イリノイ州シカゴでAEWとの合同興行『AEW x NJPW: FORBIDDEN DOOR』を開催。会場のUnited Centerには16,529人札止めの観衆が詰めかけた。

『AEW x NJPW: FORBIDDEN DOOR』
日時:2022年6月27日(月) 18:00(アメリカ東部時間)開始
会場:アメリカ・United Center(イリノイ州シカゴ)
観衆:16,529人(札止め)

IWGP USヘビー級王者のウィル・オスプレイは6月12日大阪城ホール大会で行われた王座決定戦でSANADAに勝利して第16代王者となったオスプレイは挑戦者のオレンジ・キャシディ(AEW)との初防衛戦をストームブレイカーで勝利した。

▼IWGPUSヘビー級選手権 60分1本勝負
<第16代チャンピオン>
ウィル・オスプレイ
vs
<チャレンジャー>
オレンジ・キャシディ
16分43秒 ストームブレイカー→片エビ固め
※オスプレイが初防衛に成功

敗れたキャシディに対して攻撃を続けるオスプレイはオージー・オープンにも攻撃を指示するとここに柴田勝頼が登場。

柴田はオスプレイに蹴り見舞うと串刺しドロップキックが炸裂。そしてスリーパーで締め上げた。

オージー・オープンが救出に入り、逃れたオスプレイがリングを後にすると、キャシディはサングラスを柴田にかける場面も。

柴田は観客にアピールして花道を引き上げた。

<写真提供:All Elite Wrestling>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加