【WWE】中邑真輔がIC王者グンターの手下をキンシャサ葬「さあ、どう出るグンター」

テキサス州フォートワースのディッキーズ・アリーナにて行なわれたスマックダウンが日本時間7月10日に配信された。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

中邑真輔が新IC王者グンターのオープンチャレンジに登場も、グンターの代わりに手下のルドヴィグ・カイザーにキンシャサを叩き込んで快勝した。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

新IC王者グンターがルドヴィグ・カイザーと共にリングに登場すると、カイザーは「グンターと対戦する価値のある対戦相手がいない」と言いながらもオープンチャレンジを宣言。するとそこへ話を遮るように中邑が姿を現してグンターと対峙すると「グンターは挑戦を受けたくないようだから、今のところはタイトルを保持しておけばいい。カイザーはどうだ?今から対戦してやるよ」と対戦要求して2人の対戦が決定。


©2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

中邑はライダーキックやかかと落とし、痙攣式ストンピングと連速攻撃を仕掛けるとカイザーに延髄切りやスープレックスで反撃されて白熱の攻防を展開。終盤には中邑がスピンキックを決めてコーナーでたぎると渾身のキンシャサをカイザーに叩き込んで3カウント。

中邑がカイザーに快勝すると試合後には「カイザーがやられたんだ。さあ、どう出るグンター。史上最高のICチャンピオンなんだろ?でもな俺にとってはまだまだ、てめぇなんざ青二才なんだ」と挑発した。

スマックダウン短縮英語版(WWE YouTubeチャンネルで毎週日曜日に配信)
https://youtu.be/7E2EQvQ5V_U
WWEネットワーク:
http://network.wwe.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事