【新日本】スーパーヘビーの戦いはファレが勝利!場外での激しい戦いを制す<G1 CLIMAX 32>

新日本プロレスは7月20日(水) 、宮城・ゼビオアリーナ仙台にて『G1 CLIMAX 32』を開催。

G1にエントリーした中でも巨漢の2人。
椅子や鉄柵なども使った激しい戦いを繰り広げた。

最後はお互いにリングへ戻ろうとするのを阻止しあい、エプロンでの攻防となるが、ファレがグラネードでアーチャーを場外へ落下させる。その隙にファレはリングへ戻るが、アーチャーは惜しくも戻れず、リングアウトでの決着となった。

 

『新日本プロレスSTRONG SPIRITS Presents G1 CLIMAX 32』
日時:2022年7月20日(水) 17:00開場 18:30開始
会場:宮城・ゼビオアリーナ仙台
観衆:1,919人

<試合結果>

▼第8試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 32」Aブロック公式戦
ランス・アーチャー ×(0勝1敗=0点)
vs
バッドラック・ファレ 〇(1勝0敗=2点)
10分46秒  リングアウト

 

試合後バックステージにて、バッドラック・ファレは「どうだ、みんな見たか。最初の勝ち星だ。Aブロックで一番タフな相手を倒した。とりあえずAブロックで一番デカいヤツを倒したんだ。ということは残りの選手たちはどうなるかな? 俺が倒しにいってやる! ジェフ、サーフィンの時間だ。次はオマエだ。」とコメント。

ランス・アーチャーは苦い黒星スタートとなったが、「残りのオマエらの『G1』はもう終わった。なぜなら、“EVERYBODY DIES!”だからな」と残りの全勝を誓った。

 

▼詳細は新日本プロレス公式ページにて
https://www.njpw.co.jp/tornament/354183?showResult=1

<写真提供:新日本プロレス>

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加