【新日本】SANADAが元全日本対決を制す!「今年は俺の年にします」<G1 CLIMAX 32>

新日本プロレスは7月24日(日) 、東京・大田区総合体育館にて『G1 CLIMAX 32』を開催。

元全日本プロレスの2人は、「タイチ兄やん」「さなやん」と呼び合う、ユニットを超えた間柄。
お互いよく知った仲ということもあり、技の探り合いの部分もあったが、タイチの横綱式カチ上げエルボーをかわし、SANADAがオコーナーブリッジで決めて勝ち点を奪取。

これでSANADA、タイチともに公式戦(1勝1敗=2点)となった。

『新日本プロレスSTRONG SPIRITS Presents G1 CLIMAX 32』
日時:2022年7月24日(日) 13:30開場 15:00開始
会場:東京・大田区総合体育館
観衆:2,518人

<試合結果>

▼第7試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 32」Bブロック公式戦
SANADA〇(1勝1敗=2点)
vs
タイチ×(1勝1敗=2点)
16分01秒  オコーナーブリッジ

SANADAはジャンピングキックをくらってしまった目を抑えながら「なんか、このリングで、この新日本のリングでタイチ兄やんとやることが、凄く意味あるなと思うし、なんか夢があるなと思いました。やっぱり夢がないと楽しくないんで、今年は俺の年にします!」とコメント。
 
 
タイチはディーバ―あべみほを引き連れ「クソッ、さなやん、敵わんな。だけどな、さなやん、お前なんでそんなところにいるんだよ。内藤、鷹木に行かれて、ヒロムやBUSHIにまで行かれて。そんなところでやってる奴じゃねえだろう?そろそろ優勝したらどうだ?さなやんにだったら1敗ぐらいくれてやる。ただよ、6試合しかねえ中で1敗がどんだけ痛えのか、よく分かってんだよ。あの賜杯、持って帰らねえとな。今日もこの後、(youtubeの)生配信やってやる。二刀流だ。全部やってやる。必ず賜杯を生放送に持ってってやろうじゃねえか。」

▼詳細は新日本プロレス公式ページにて
https://www.njpw.co.jp/tornament/354185?showResult=1

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事