大仁田厚&Xが9・23大阪でのFBW旗揚げ戦でMポーゴ&西村修を迎撃!「棺桶のなかで選手生命終わるよ。そのまま新潟・十日町の墓地に埋めてやる」

9月23日、24日に大阪・花博記念公園鶴見緑地ハナミズキ付属展示場で開催される新団体「FBW(ファイヤー・ブラスト・レスリング)」の旗揚げ2DAYSの初日のメインイベントで大仁田厚&X組が“火炎男”ミスター・ポーゴ(シャドウWX)と“無我”西村修の連合軍を迎撃することが決まった。


※左から大仁田、BILLY監督、ポーゴ

 爆破とファイヤーに特化した世界一過激な団体を標榜する同団体が8月1日、東京・巣鴨のプロレスショップ「闘道館」で記者会見を開いた。旗揚げ2連戦の初日のメインは、ファイヤープロレスの7月17日、花博記念公園大会同様に、大仁田が出演し、ロックバンドmil9のBILLYが監督・脚本を務める映画「BUGSⅡ」のプレゼンツマッチとなることが発表された。

 会見で大仁田とBILLYが映画談義に花を咲かせていると、ポーゴが現れた。ポーゴは7・17大阪での大仁田、雷神矢口組VS西村、吉江豊組の一戦に乱入し、大仁田に火炎攻撃を仕掛けて戦闘不能に陥れた。結局、ローンバトルを強いられた矢口が西村の電流爆破バット攻撃を受けて、大仁田組が敗退。試合後、ポーゴは無我軍の手を挙げ、一緒に勝ち名乗りを受けたが、西村は怪訝そうな表情を浮かべていた。

 開口一番、ポーゴは「(7・17大阪で)俺は棺桶爆破やったけど、火薬量を10倍にでも20倍にでもして、今度はアンタを棺桶に入れてやる。俺は無我にはならないけど、西村と組む。本意じゃないけど、打倒大仁田で一致してる。オマエはパートナーに誰かを用意しろ!」と要求。

 大仁田は「この前はオマエが余計なことするから負けたんだよ。俺は西村に合うような選手を用意する。BILLY監督に“with”でセコンドに就いてもらう。爆破バット3本、地雷、爆破ロケット、棺桶でいいだろ!」と受諾。

 これにより、9・23大阪での大仁田、X組with BILLY VSポーゴ、西村組の電流爆破バット&地雷爆破&爆破ロケット&棺桶爆破デスマッチが決定した。

 Xは近日中に発表するとした大仁田は「ポーゴ! オマエ、棺桶のなかで選手生命終わるよ。そのまま(ポーゴの出身地の)新潟・十日町の墓地に埋めてやるよ」と挑発。ポーゴは「なんなら2人入る棺桶を用意しろ」と吐き捨てた。

 かつて、プロレスラーを志したBILLYは格闘技に精通しており、現在でも「RIZIN」でファイトしている昇侍と練習しているというだけに、時と場合によっては大きな戦力になりそうだ。

 また、FBWプレ旗揚げ戦となる9月11日の東京・大田区産業プラザPiO大会の一部カードとして、SUGI、RAICHO組VSヴァンヴェール・ジャック、ユーセー☆エストレージャ組、アイガーVS杏ちゃむ、真琴VS YuuRIが決定。そのほか、ポーゴ、ドリュー・パーカー、政岡純らが参戦する。

 なお、「BUGSⅡ」は9月23日、24日に大阪・イオンシネマ茨木で封切られ、以後、順次全国でロードショーを開始。10月2日には東京・渋谷ユーロライブでプレミアム上映される。

〈写真提供:FBW〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事