【新日本】KENTAが棚橋にリベンジ!「来年は俺の年!何が言いたいかって、自伝発売中、増版が決定したってこと!」<G1 CLIMAX 32>

新日本プロレスは2022年8月14日(日) 、長野・ホワイトリング(長野市真島総合スポーツアリーナ)にて『G1 CLIMAX 32』を開催。

第9試合ではCブロック公式戦が行われ、棚橋 弘至とKENTAが対戦。

棚橋とKENTAは今年の1.5東京ドーム大会でのノーDQマッチ以来のシングルとなる。
KENTAのラフファイトにも動じず、棚橋はドラゴンスクリューやエルボーをKENTAに炸裂させる。しかし最後は、KENTAの掌底で棚橋がダウンしたところにgo 2 sleepで3カウントを奪った。

棚橋 弘至は公式戦(3勝3敗=6点)、KENTAは公式戦(3勝3敗=6点)で公式戦が終了。すでに同ブロックでザックが8点を獲得しているため、2人の決勝進出は断たれた。

『新日本プロレスSTRONG SPIRITS Presents G1 CLIMAX 32』
日時:2022年8月14日(日) 13:30開場 15:00開始
会場:長野・ホワイトリング(長野市真島総合スポーツアリーナ)
観衆:1,728人

試合後のマイクアピールでは、「メインで勝って『自伝』の宣伝するのが夢でした。」と自身の著書「足跡」を宣伝。
KENTAお決まりの「何が言いたいかっていうと、次また長野に来た時は一人残らず全員、会場に会いに来いよってこと!」と大会を締めた。

 

<試合結果>

▼第9試合 30分1本勝負
『G1 CLIMAX 32』Cブロック公式戦
棚橋 弘至×(3勝3敗=6点)
vs
KENTA〇(3勝3敗=6点)
23分46秒  go 2 sleep→片エビ固め

KENTAは因縁のビデオカメラマンかどうかを確認し、「太ってねぇな、太ってないな。あいつ見てんの? 太ってるヤツ、見てる? オマエ来てないから勝てたぞ!そういうことだから。覚えとけよ、オマエ。反省しろよ。 これね、これ。『足跡』。これ絶賛発売中。これ、『足跡』。これね、あんまりしつこく言われると、人間ってなんか、逆に買う気がなくなっちゃうんだよね。“しつけぇな、こいつ”っていうので、なんか買う気、購買意欲って失せちゃうから程よい方がいいんだけど、逆にそこをしつこくやると、まだもう一個上の、逆に買いたくなるかもしんないから、それ目指すわ。で、『G1』、終わり。今日で終わっちゃった。まぁ、正直、ケガ明けて優勝しようとか、そんなこと別に最初から思ってなくて、とりあえず完走して、しっかり自分らしい仕事をしながら完走できればいいなって思ってたから。ほんでこれだけは言わして、2023年、来年俺の年。来年はいくよ。よく覚えといた方がいいよ。来年いくから、来年いくからそれまで(自伝を)全部読んで、頭入れといて。全部頭入れといて、ね。だから結局、俺が何が言いたいかっていうと、『G1』一生懸命やってきたけど、何が言いたいかっていうと……自伝が発売中ってこと。そして増版(重版)が決定したってこと!」とコメント。


棚橋は倒れこみ、「あぁ……厳しいな。これは勝ち点計算しなくても、感覚で分かるよ。Cブロックは、ここ2、3年で戦ってきた選手が多かったからちょっと気になってたけど、やっぱり『G1』の公式戦プラス、リベンジっていうのがあるよね。それを押さえ込む力が、今の俺にはなかったっていうこと。」とコメントを残し、力なくバックステージを後にした。

▼詳細は新日本プロレス公式ページにて
https://www.njpw.co.jp/tornament/354197?showResult=1

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加