【ビリーケン・キッド&鈴木心 インタビュー】『OSW旗揚げ3周年記念大会』は「〇〇デスマッチ」と「ビジネス〇〇」の戦いが繰り広げられる!?<プロレスTODAY増刊号>

OSWより、ビリーケン・キッドと鈴木心がプロレスTODAY編集部に来社。

9月4日に控えた『OSW旗揚げ3周年記念大会』でビリーケン・キッドは、アルティメット・スパイダーJr.と組んで、デスマッチ外国人ファイターであるビオレント・ジャック & ドリュー・パーカーと対戦。

また、鈴木はフリーになった梶トマトとお互い元気印のシングル初対決が実現。

試合に向けて現在の心境と、対戦相手への思いを時に冷静に、時に楽しく、そして力強く語った。

『OSW旗揚げ3周年記念大会』
日時:9月4日(日)18時試合開始
会場:新木場1stRING

▼インタビュー全編はコチラからご覧ください。

 

①ビリーケン・キッド & アルティメット・スパイダーJr. vs ビオレント・ジャック & ドリュー・パーカー戦にむけて

――この試合はやばいですね。

ビリー「何がやばいんですか!同じプロレスラー同士、力と力のぶつかり合いですよ!」

――ビオレント・ジャック、ドリュー・パーカーとやるといえば、デスマッチスタイル?

ビリー「そんな試合はしない!デスマッチもしない!OSWスタイルもしない!!」

――今回は?

ビリー「激しいプロレスだ!OSWは『BERSERKER(ベルセルク)』(OSWの若手選手たちの育成を図るためのブランド)という枠で激しいプロレスをしているので、その枠でちゃんとするように、ドリュー・パーカー、ビオレント・ジャックに伝えておいてください!」

――ちゃんと言っておかないとですね。もしかしたら凶器持ちこんでいいんだっけ?って勘違いするかもしれないですしね。

ビリー「凶器はうるさいから、OSWは。持ってきた瞬間、反則負けになるから。」

――レフェリーにちゃんと見ておいてもらわないとですね(笑)。また、2人の印象はいかがでしょうか?

ビリー「ビオレント・ジャックとは、8人タッグをやったことあるみたいなんですけど、触れてないと思うんですよ。でもルチャがとてもうまいという印象は残ってます。みなさんのイメージはデスマッチだと思うんですけど、とても基礎が出来ている選手なのでそこを体感したいし、見てほしいなと思いますね。」

――その部分を、一つの扉を開いてあげたいという部分もあるという感じですね。

ビリー「逆に僕の扉も開いてね(ハート)。あ、でもデスマッチってことじゃないですよ!!」

――ドリュー・パーカーはいかがですか?

ビリー「彼は大日本プロレスでタッグを組んだことあるんですよね。で、面白い動きをするなというのは覚えているんですけど、対戦したことはないので映像で研究したいですね。2人のデスマッチではない、ストロングスタイルの映像などがあれば教えていただきたいですね。」

――研究に余念がないですね。

ビリー「やっぱ楽しみなので。この2人やるなんてすごいですね、って言われるんですけど僕関西の人間なんで。関西のプロレスしか知らないんですよね(笑)。こっちの情報って入ってこないんですよ、携帯見ても大阪のプロレスしか表示されないんでね。そして大阪の団体はOSWしか知らないんですよ。プロレスに疎いんです・・・(笑)」

――そんなことないと思います(笑)。組むスパイダー選手とは何か話されてるんですか?

ビリー「スパイダーとは先日ばったり会いましたけど、発表されて初めてカード知ったって言ってましたね。OSWが伝えてなかったっていう。本人、まぁいいですけど・・って言ってましたけどね(笑)」

――鈴木選手はこのカードを見たときどう思いました?

鈴木「どうすんだろって思って(笑)。でもスパイダーさんもビリーさんもバチバチな試合ができるお二人なのは知ってましたけど、デスマッチやるんだーって。」

ビリー「違うよ!!」

鈴木「椅子とか使ったりとかするんだなぁ、OSWはこうやって変わっていくんだ、3周年で。楽しみだなって思ってました。」

ビリー「『NOデスマッチ』って書いておきましょう!」

――NOデスマッチルール!?

ビリー「お客さんもデスマッチじゃないんだって残念だったら困るんでね。最初に言っておきます。」

鈴木「でも発表した段階でデスマッチ見れると思ってる方いるんじゃ?」

ビリー「大丈夫!今ならみんなまだチケット買ってないから!」

鈴木「言い方(笑)!!」

ビリー「でも買った方もね、今からキャンセルはできません!」

 

②梶トマト戦に向けての意気込み、梶選手の印象

――鈴木選手は2AWを退団された元気印の梶トマト選手との一戦ですが。

鈴木「僕も努めて明るくいようと思っているので、元気印のフリーが増えるとキャラ被りするので仕事が減るんじゃないかと。どっちかっていうと僕の方が後なので、どうかとは思うんですけどフリーで元気よくやっているので声の大きさだとか負けたくないです。聞くところによると、梶さんも『ビジネス元気』だと聞いたので(笑)。お互いにどれだけ『ビジネス』で『元気』よく出来るか、この日は声枯らして帰ろうと思います。」

――いいですね!『ビジネス元気』対決(笑)

鈴木「僕なんか本当は、『根暗眼鏡』ですから。今日も来る前に家でひっそりワンピース読んで(笑)」

――でも本当に、お客さんも元気もらえる試合になりそうですね。

鈴木「そうしたいですね。そういうつもりでプロレスしてるので、明るくやりたいと思います!こちらも『NOデスマッチ』と書いておいてください(笑)」

――こちらも『NOデスマッチ』だと(笑)。この試合に関してはビリーさんはいかがですか?

ビリー「『敗者OSW追放マッチ』ということでね。」

鈴木「待ってください!書いてない!僕、年に何回か追放されそうになってるんですよ、OSWで。」

ビリー「あ、書き忘れたか。じゃあ、2度目の追放マッチ・・・」

鈴木「いやいや、2度目じゃない!1度目は(マスクを)被ってるから(笑)!半分追放されましたけどね。」

 

③菊タロー vs くいしんぼう仮面のOSW認定覆面世界一選手権試合の見どころ

――菊タロー選手が持っている覆面世界一選手権にくいしんぼう仮面選手が挑戦するわけですが、こちらの見どころはいかがですか?

ビリー「もう単純に笑ってもらいたいですね。2人にしか出来ない、2人が作り上げた世界がOSWとなってるわけですから、この2人のお笑いを見てほしいです。」

――なるほど。

ビリー「もうね、あの2人すごいんですよ。大阪プロレス時代もあの2人が言い合いになって。くいしんぼう仮面さんが『おい、誰のせいでこうなったんやー?』って言ったら、菊タローさんが『すいませんでした。』って僕の真ん前に来て、お尻全開で肛門僕に見せながら土下座するんですよ。これが一時期毎週続いて(笑)」

――そういうときって、ビリーさんどういう顔してるですか?

ビリー「いやもう、大笑い!『やめてくださいよ~』って。だから放送事故がね、この試合はあるかもしれない。菊タローさんが僕に肛門見せながら土下座するシーンが見れるかもしれない(笑)」

――もう伝統芸能ですよね、楽しみにしていただきたい(笑)

ビリー「本当に。お子さん達に見てほしい。だって、小中学生無料ですよ!来ないなんて考えられない!」

――前情報なしで楽しめますもんね、プロレスって。

ビリー「そうなんですよ!『プロレスって痛いんでしょ~?』って言われるけど。あ、この2人の試合は一切痛くないですからね!」

――鈴木選手はこの試合いかがですか?

鈴木「僕、OSWに出させていただくようになったのは、くいしんぼう仮面さんが声かけてくださったからなので。恩人なんですよね。菊タローさんは特にそういうことはないんですけど(笑)。このお2人の試合って、伝統芸能ですけど、毎回微妙に新しいことも取り入れていて楽しみなんですよね。しかも今回はタイトル戦。タイトル戦だとどういう感じになるんですかね?」

ビリー「え?別にどっちが勝っても負けてもいいよ(笑)。面白かったらいいよ!」

――お2人の面白いエピソードも聞けたこの試合、楽しみですね。

ビリー「いやーよかった。毎週肛門見た甲斐がありましたね!」

 

④OSW旗揚げ3周年について

――3周年大会ということですが、振り返っていかがですか?

ビリー「僕、始めの頃出てないんですよね。いつの頃からか呼んでいただいて、いつの間にか呼ばれなくなって。またいつの間にか呼ばれるようになって、気づいたら団体のエースになっているという・・・」

――不思議な感じですね。

ビリー「そうなんですよ、なんなの僕?っていう(笑)。でもこうやって呼んでいただいて、25周年大会も開催していただいて本当にありがたいです。でもOSWってまだ3周年なんだなって思いました、結構早いスパンで興行をしていた時期もあるので。でも今は1試合1試合大事に。1試合1試合が勝負ですよね。去年、お客さんがこれ以上入らないと解散・・という危機を乗り越えてきたわけですから、あの時の気持ちを忘れずに。あの時来てくださったお客様はOSWもっと観たい、続いてほしいって思ってくださったわけですから。やっぱりあのとき応援してよかった、解散しなくてよかったって思ってもらいたいですね。OSW、過去最多動員が162人なんですね。それを塗り替えたい。弱気に・・ツイキャスも含めて162人を超えたいなって思います。それを超えないと次には進めないのでね。」

――鈴木選手はいかがですか?

鈴木「僕も最初の1年とか呼ばれてないんですけど、『BERSERKER(ベルセルク)』という若手が頑張るというブランドで呼んでいただいたんですけど。僕、あまり同世代のレスラーがいない環境だったんですよね。でもOSWさんに出させていただいたおかげで、切磋琢磨する同世代の仲間が出来たということが非常に大きいですね。フリーではなかなか出来ない経験をさせていただいているので、OSWさんがもっと観てもらえるように、そして目標を超えられるように努力していきたいですね。」

 

⑤ファンに向けてメッセージ

鈴木「OSWさん、お腹の底から笑えますし、嫌な事を忘れるくらい楽しいです!ぜひ会場で、来れない方はツイキャスで。ツイキャスはログも残りますから何度も笑えます!その中で僕は熱い試合をします、ぜひ観戦いただいて、ご贔屓にしていただければと思います。よろしくお願いします!」

ビリー「9月4日にOSW3周年記念大会を開催させていただきます!これがゴールではありません。ここからOSWはさらに進化して、皆様に笑顔と元気をお届けします!これからも俺たちの信じてきたOSWのプロレスが間違いなかったと確信しようぜ~!」

 

▼インタビュー全編はコチラからご覧ください。

 

インタビュアー:山口義徳(プロレスTODAY総監督)

 

『OSW旗揚げ3周年記念大会』
日時:9月4日(日)8時試合開始
会場:新木場1stRING

<全対戦カード>


▼BERSERKER(ベルセルク) シングルマッチ
鈴木心 vs 梶トマト


▼3WAYマッチ
ジョッカー1号  vs  三ツ木マウス  vs  くまのパーさん


▼ミクスドタッグマッチ
人形焼マン & マドレーヌ
vs
宇宙銀河戦士アンドロス & 高瀬みゆき


▼スペシャルタッグマッチ
ビリーケン・キッド & アルティメット・スパイダーJr.
vs
ビオレント・ジャック & ドリュー・パーカー


▼OSW認定覆面世界一選手権試合
<第8代王者>菊タロー vs くいしんぼう仮面<挑戦者>
※第8代王者の初防衛戦

※詳細は団体公式HPにて
 https://osw.fan/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加