【新日本】タマ・トンガが初のブロック突破!ジェイは準決勝進出を逃し、茫然自失<G1 CLIMAX 32>

新日本プロレスは2022年8月16日(火) 、東京・日本武道館にて『G1 CLIMAX 32』を開催。

第6試合ではBブロック公式戦が行われ、タマ・トンガとジェイ・ホワイトが対戦。

ここまで負けなしのIWGP世界ヘビー級王者ジェイ・ホワイトと、1敗をキープしたタマ・トンガ。この試合での勝者がブロック突破の直接対決となった。

タマはゴング前から怒りで飛び掛かりそうなところをレフェリーに止められる。それをあざ笑うかの如く、ジェイはゴング直後に場外へエスケープ。
リングへ戻るな否や、タマはドロップキック。両者の因縁もあり、激しい打ち合いを繰り広げる。

ジェイは何度もブレードランナーで決めにかかるが、タマはトンガンツイストなどで回避。最後はタマのガンスタンが決まり3カウントを奪取した。

これでタマ・トンガは公式戦(5勝1敗=10点)、ジェイ・ホワイトは公式戦(5勝1敗=10点)で2人が10点で並ぶが、直接対決で勝利したタマ・トンガが準決勝進出となった。

『新日本プロレスSTRONG SPIRITS Presents G1 CLIMAX 32』
日時:2022年8月16日(火) 16:30開場 18:00開始
会場:東京・日本武道館
観衆:3,227人

 

<試合結果>

▼第6試合 30分1本勝負
『G1 CLIMAX 32』Bブロック公式戦
タマ・トンガ〇(5勝1敗=10点)
vs
ジェイ・ホワイト×(5勝1敗=10点)
13分56秒  ガン・スタン→エビ固め

タマ「予想はしていたけれども、ジェイ・ホワイト、お前は俺が思っていたより強く、そしていいプロレスラーだった。時に人生っていうのは、突然自分にご褒美をくれることがある。しかし、逆のことのほうが多い。時に人は怠け者になり、これ以上頑張れないという瞬間もある。しかし、自分が飛べるか飛べないかは、実際に崖から飛び降りてみないと分からないだろう。ジェイ、ありがとう。俺は今、飛び方を知った。どこまで飛んでいくかは神のみぞ知る。しかし、より高みに行くことだけは分かっている。」

 

ジェイ「あいつ(タマ)、俺のことを倒したのか…。この試合で俺が負けるとは思わなかったよ。あいつにとって人生最高の勝利となるんだろうな。お前の人生にとって最高の瞬間、お前なんか大嫌いだ! うまいことエスケープしやがって。しかし、もう二度と俺の見ている目の前でお前に同じことはさせないぞ。でも取り急ぎ、おめでとうとだけは言っておこう。お前は俺を倒した。俺の名前と共にお前の達成したことは語られるんだ。お前の功績は俺の名前なしでは語られないんだぞ。だから感謝しろよ。」

 

▼詳細は新日本プロレス公式ページにて
https://www.njpw.co.jp/tornament/354198?showResult=1

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加