【新日本】オスプレイが内藤との激戦に勝利し、G1決勝進出!「俺を止められるものは誰もいない」<G1 CLIMAX 32>

新日本プロレスは2022年8月17日(水) 、東京・日本武道館にて『G1 CLIMAX 32』を開催。

第8試合ではG1準決勝戦が行われ、内藤哲也とウィル・オスプレイが対戦。

内藤はオスプレイが負傷している首を執拗に狙い、内藤も何度もデスティーノを狙うが、なかなか決めきれない。オスプレイも得意の空中殺法を繰り出すが、こちらも内藤を仕留めるまでにはいかない。2人の技の繰り出し合いにヒリヒリする戦いとなったが、最後はオスプレイが正面からのヒドゥンブレード、さらにストームブレイカーを内藤に炸裂させ、3カウントを奪取。

この試合結果により、オスプレイの決勝進出が決定した。

『新日本プロレスSTRONG SPIRITS Presents G1 CLIMAX 32』
日時:2022年8月17日(水) 16:30開場 18:00開始
会場:東京・日本武道館
観衆:3,179人

<試合結果>

▼第8試合 時間無制限1本勝負
『G1 CLIMAX 32』ファイナルトーナメント準決勝戦
内藤 哲也×
vs
ウィル・オスプレイ〇
20分23秒  ストームブレイカー→片エビ固め
※ウィル・オスプレイが決勝進出

オスプレイ「どっちが強かった?俺にとっては最高にエキサイティングな試合だった。彼は素晴らしく、唯一無二のスタイルを持っている。彼は他の選手とは違うし、素晴らしいレスラーだと思ったので、こういう試合だったらぜひまたやってみたい。しかし、あれだけスピードのある試合をやり続けるのは大変だろうな。UNITED EMPIREとしては、今いるメンバー以外にもう1人、サプライズを用意しているので、楽しみにしてほしい。次の試合はオカダだ。過去6回、対戦のたびに俺は苦汁をなめさせられ続けて来た。明日はどっちに転がるかな。明日は今日以上の試合を見せるつもりだ。俺はオカダに勝てないとみんな思っているかもしれないが、俺は今強さを感じているし、俺を止められるものは誰もいない。これは千載一遇のチャンスだ。『G1』は俺のものだ!」

※内藤はノーコメント。

 

▼詳細は新日本プロレス公式ページにて
https://www.njpw.co.jp/tornament/354199?showResult=1

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加