【DDT】上野勇希が高梨将弘を破り、UNVERSAL王座を奪還!9・25後楽園で英国の“バレエダンサーレスラー” カーラ・ノワールと初V戦へ

 DDTプロレスが夏のビッグマッチ「WRESTLE PETER PAN 2022」(8月20日、東京・大田区総合体育館)を開催。上野勇希が高梨将弘を破り、DDT UNVERSAL王座を1年ぶりに奪還。9月25日、東京・後楽園ホールで英国の「PROGRESS Wrestling」などのインディー団体で活躍するバレエダンサーレスラーの“ロイヤルブラックスワン”カーラ・ノワールと初防衛戦を行うことが決定した。

 王座奪取に燃えた上野がエプロンでネックブリーカー、フロッグスプラッシュで攻め込めば、高梨もバックドロップなどで対抗。さらに高梨は木曽大介レフェリーを巧みに使ってタカタニックを決めさせ、自らもタカタニックを狙うも、上野が阻止。

 上野がブリザード・スープレックスから変型ボム。丸め込みの応酬から、高梨が再度タカタニックにいこうとするも、踏ん張った上野はドロップキックからWRを決めて3カウントを奪取。大先輩の高梨を制して、UNIVERSALのベルトを取り戻した。

 上野は「高梨さんのことをDDTの歴史だと思っていて、高梨さんとタイトルマッチをして、それを知れてよかった。高梨さん、リップサービスじゃないんで、年内タイ、シンガポール、東南アジア、呼んでください」とマイク。

 バックステージでは「高梨さんからベルトを獲ったからには、どこの国から来ようが、どんな信念をもったヤツが来ようが、僕が面白いと思ったこと、自分の信念に近づけるチャンピオンになります。タイ、英国、米国にも行って、UNIVERSALのベルトを知らない人が知って、僕の宝物だと思うものを、みんなの宝物になるきっかけになれば…」と意欲を見せた。

 同王座はその名の通り、“ユニバーサル”なベルトとして、2020年2月に新設されたものの、コロナ禍で海外との往来ができず。ここにきて、ようやく本来の形で進んでいくことになりそうだ。

【大会名】WRESTLE PETER PAN 2022
【日時】2022年8月20日(土)
【会場】東京・大田区総合体育館
【観衆】1250人(満員)

▼オープニングマッチ 30分一本勝負
岡田佑介&○高鹿佑也&イルシオン vs 小嶋斗偉&石田有輝●&正田壮史
9分11秒 変形ストラングルホールド

▼第二試合 3WAY6人タッグマッチ 30分一本勝負
飯野“セクシー”雄貴&男色“ダンディ”ディーノ&○竹田“シャイニングボール”光珠 with 今成“ファンタスティック”夢人 vs 火野裕士&納谷幸男&スーパー・ササダンゴ・マシン vs 大鷲透&平田一喜●&アントーニオ本多
12分18秒 TKO勝ち
※セクシーベイブリッジ→レフェリーストップ

▼第三試合 スペシャル6人タッグマッチ 30分一本勝負
●吉村直巳&梅田公太&奥田啓介 vs HARASHIMA○&坂口征夫&岡谷英樹
12分44秒 体固め
※蒼魔刀

▼第四試合 川松真一朗デビュー戦~東京都議会議員vs文京区議会議員 30分一本勝負
●川松真一朗&高木三四郎&高尾蒼馬 vs 西村修○&大石真翔&彰人
14分47秒 足4の字固め

▼第五試合 スペシャルミックストタッグマッチ 30分一本勝負
秋山準&○赤井沙希 vs クリス・ブルックス&朱崇花●
15分21秒 腕極め三角絞め

▼第六試合 DDT EXTREME選手権試合~スペシャルハードコアマッチ 60分一本勝負
<王者>○ジョーイ・ジャネラ vs 勝俣瞬馬●<挑戦者>
18分56秒 体固め
※デスバレードライバー・オン・ザ・有刺鉄線ボード&テーブル・フロム・ラダー。第55代王者が初防衛に成功。

▼第七試合 DDT UNIVERSAL選手権試合 60分一本勝負
<王者>●高梨将弘 vs 上野勇希○<挑戦者>
14分26秒 片エビ固め
※WR。高梨が2度目の防衛に失敗、上野が第8代王者となる。

▼セミファイナル DDT旗揚げ25周年記念スペシャル6人タッグマッチ 30分一本勝負
○竹下幸之介&MAO&ヤス・ウラノ vs ディック東郷&佐々木大輔&KANON● with MJポー&藤田ミノル
20分41秒 片エビ固め
※ジャンピング・ニー

▼メインイベント KO-D無差別級選手権試合 60分一本勝負
<王者>○樋口和貞 vs 遠藤哲哉●<挑戦者>
25分24秒 体固め
※ブレーンクロー・スラム。第79代王者が初防衛に成功。

〈写真提供:DDTプロレスリング〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加