【DDT】KO-D無差別級王座初防衛の樋口和貞が9・25後楽園でのV2戦に向け、「自分が出る前の強さの象徴は竹下幸之介だからこそブチ破らないと」

 8月20日、東京・大田区総合体育館での夏のビッグマッチ「WRESTLE PETER PAN 2022」を開催したDDTプロレスが同22日、東京・渋谷区のAbemaTowersで二夜明け会見を開き、挑戦者・遠藤哲哉を退け、保持するKO-D無差別級王座の初防衛に成功した樋口和貞が登壇した。

 樋口は「昨日、興行をゆっくり見させてもらったんです。DDTらしい、いい興行だったのかなと思います。そのなかでメイン、対遠藤哲哉。自分のなかではここからだなと。勝って自分がチャンピオンとしてリングの中心に立ちましたけど、ここからだなと。自分も遠藤さんも、ここからまた前に進んでいかなきゃと強く感じました」と振り返った。

 9月25日、東京・後楽園ホールでの次期防衛戦では、米AEWから一時帰国した竹下幸之介を指名したが、「今自分が無差別のベルトを持って、強さの象徴という言葉を出してやっているわけですが、自分が出る前の強さの象徴は竹下幸之介だと思っていて。だからこそブチ破らないといけないのかなと思って、名前を出させてもらいました。米国に行って名を上げてすごいなと思うところもあるので。その人間に打ち勝たなければいけないとホントに思ったので。今やるべきなのかなと思って…」と説明。

 前王者の遠藤に勝利したことについては、「前チャンピオンから直接勝っていない状態でのチャンピオンだったので、ちょっと引っ掛かりはあった。それを倒してベルトを小橋(建太)さんに巻いてもらって、真のチャンピオンになれたかは分からないですけど、DDTの王者として認められたのかなという気持ちです」と話した。そして、「小橋さんの名が出てきましたけど、意識が変わったなと明確に思ったのは、(小橋氏主催の)『フォーチュン・ドリーム』(6月15日、後楽園)に出させていただいて、強さの象徴みたいな石川(修司)さん、火野(裕士)さん、関本(大介)さんとぶち当たったのが、一つのきっかけでもあったのかなと。KO-Dもふんどしを締め直してという感じでいけた」と気持ちの変化があったことを明かした。

 次期挑戦者の竹下とは前回のシングル戦(2021年12月5日、後楽園での「D王」公式戦)で敗れており、雪辱の意味でも指名したのかと問いには、「強さの象徴という部分で竹下幸之介なんです。前回勝った負けたじゃなく。お客さんとかほかの人が思ってる、自分が出てくる前の強さの象徴が竹下幸之介だったなと思ってるので。ちょうど米国から帰ってきた。だから、今ここでやらないとという気持ちが強かったので」と語った。

 また、会見では同団体の現場を統括してきた今林久弥GMが家庭の事情により、年内でサイバーファイトを退職することを発表した。今林GMによると、実家(福岡)に住む両親が高齢で、今後家族との時間を持つため、東京と福岡を往復する生活になり、会社員としての活動の維持が難しいとの判断。来年1月以降もGM職を継続するかどうかは未定だが、なんらかの形でDDTにはかかわっていく意向だという。

【大会名】Who’s Gonna TOP? 2022
【日時】2022年9月25日(日) 開場10:30  開始11:30
【会場】東京・後楽園ホール

KO-D無差別級選手権試合
<王者>樋口和貞 vs 竹下幸之介<挑戦者>
※第79代王者2度目の防衛戦

▼大会詳細は公式サイトにて
https://www.ddtpro.com/schedules/18369

〈写真提供:DDTプロレスリング〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加