【DDT】佐々木大輔が“14歳の中学生レスラー”エル・ユニコーンを容赦なくKO!「地獄の底まで追いかけて、テメーのマヌケヅラをさらしてやる」

 DDTプロレスが8月26日、東京・上野恩賜公園野外ステージで「ノンアルコールビアガーデンプロレス」を開催。ダムネーションT.Aの“カリスマ”佐々木大輔が“14歳の中学生レスラー”エル・ユニコーンを非情にKOし、とことんまで追い詰めることを予告した。

 7月24日の東京・後楽園ホール大会以降、ダムネーションT.Aはユニコーンと対戦する度に、マスクをはいで挑発してきた。この日は佐々木とユニコーンの一騎打ちとなったが、佐々木はコーナーマットをはがしてむき出しの金具にぶつけたり、鉄柱で足を攻めたりでやりたい放題。さらに、佐々木はレフェリーが昏倒している隙にマスクをはぎ、勝負を決めにいくも、本来はライバルながら、同じ10代プロジェクトで奮闘するイルシオンが救出に入り、代わりのマスクを渡した。

息を吹き返したユニコーンはダイヤモンドカッターからムーンサルトプレスを狙うも、佐々木は足で阻止。佐々木はラリアットで吹っ飛ばすと、コーナーの金具にぶつけ、足極めクロス・フェースロックで絞め上げてギブアップを奪い完全KO。試合後、佐々木は握手を求めるも、ユニコーンに急所蹴りを見舞い、再びマスクをはぐ暴挙に出た。

 バックステージで佐々木は「ユニコーン、俺とテメーの戦いは終わってねぇ! 地獄の底まで追いかけて、テメーのマヌケヅラをさらして、俺がササコーンとして生まれ変わる!  終わりじゃねぇからな! 」と吐き捨てた。

 ユニコーンは「メチャクチャ腹立ちます! 最後だまされて蹴られて、マスクもはがされて。佐々木大輔との戦いは、僕が倒すまで終わりません! 絶対に倒します。覚悟しとけ!」と怒り心頭だった。

【大会名】ノンアルコールビアガーデンプロレス
【日時】2022年8月26日(金)
【会場】東京・上野恩賜公園野外ステージ
【観衆】427人(満員)

▼ダークマッチ 10分一本勝負
MJポー&○KANON vs 岡谷英樹&正田壮史●
7分49秒 片エビ固め
※スリーピー・ホロウ

▼オープニングマッチ スクランブルバンクハウス・凶器持ち込みエニウェアフォール8人タッグマッチ 30分一本勝負
高木三四郎&大鷲透&●平田一喜&高尾蒼馬 vs 火野裕士&納谷幸男○&石田有輝&イルシオン
8分12秒 体固め
※チョークスラム・オン・ザ・プール

▼第二試合 クロコダイルパンダドランク3WAYマッチ 1分無制限ラウンド
○高梨将弘 vs HARASHIMA● vs 坂口征夫○
6R終了時 パンダ完成

▼第三試合 スペシャルシングルマッチ 30分一本勝負
○佐々木大輔 vs エル・ユニコーン●
12分23秒 足極めクロス・フェースロック

▼第四試合 史上最恐!怪談新沼袋3WAYタッグデスマッチ 30分一本勝負
彰人&大石真翔 vs 男色ディーノ&飯野雄貴 vs アントーニオ本多&赤井沙希
13分くらい 夏の日の2021

▼セミファイナル BURNINGvsThe37KAMIINA! 30分一本勝負
秋山準&岡田佑介&●高鹿佑也 vs MAO&勝俣瞬馬○&小嶋斗偉
9分20秒 片エビ固め
※俺たちのまっどまっくす

▼メインイベント ビアガーデン名物お客様抽選6人タッグマッチ 30分一本勝負
樋口和貞&上野勇希&●クリス・ブルックス vs 竹下幸之介○&吉村直巳&遠藤哲哉
18分20秒 体固め
※ジャンピング・ニー

〈写真提供:DDTプロレスリング〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加