【東京女子】新たな団体ロゴを発表

東京女子プロレスは28日、新たな団体ロゴを発表した。

以下、リリースより

東京女子プロレスは、2012年にDDTプロレスリングが設立したプロレス団体です。プロレスの試合と選手達による音楽ライブで構成される独自路線の興行で人気を博し、2016年に後楽園ホール、2019年に大田区総合体育館、2020年11月にTOKYO DOME CITY HALL、そして2022年3月には両国国技館での単独興行の成功を収めました。

この度は、成長を続ける東京女子プロレスをさらに次のステップへと進めることを目的に、団体ロゴを刷新することが決定いたしました。
新しい団体ロゴによって、東京女子プロレスの魅力をより多くの方々に知っていただき、新たなプロレスファンの獲得を目指してまいります。

■新ロゴについて

新ロゴは、リング上での等身大で自然な姿に支持を集め「1番幸せなプロレス」と称される東京女子プロレスブランドを継承しながら、さらに同世代女性からも応援されるかっこいい存在を目指すという想いが込められています。

これまでも東京女子プロレスでは略称を「TJPW」と表記しており、リニューアルを機に海外のファンにも等しく団体について伝えやすくするため、この4文字を用いて新ロゴを制作しました。

「W」の一文字は、かねてより団体の象徴的なモチーフとしているティアラを受け継いだ形状としています。全体は、丸みを帯びたディティールで親しみやすさを持たせながらも、文字を右に向かって上昇させることでスポーティな雰囲気と勢いを両立できるように構成しました。ロゴをアレンジにして使用する際には、「W」単体をティアラに見立ててあしらうことができ、さらに装飾として「◆」を利用する事でもブランドとしての統一感を出せるように設計しています。

■今後の展開予定

8月28日(日)に開催した「Go Girl 3~女性限定無料興行~」では、来場者に新ロゴのうちわを配布し、リングキャンバスが新仕様になりました。今後はアパレル商品の展開も予定しておりますので、どうぞご期待ください。

■新ロゴ決定の経緯

ロゴのリニューアルにあたっては、サイバーエージェントのメディア事業部デザイナーを対象にクリエイティブコンペを開催し、応募者の中から決定いたしました。

起用ロゴデザイン担当者:ピグ事業部デザイナー坂本 晴香コメント

普段はAmeba事業部でアプリサービスのデザイン業務に従事しています。この度、コンペにてサイバーエージェントグループにおけるプロレス団体の貴重なリブランディングに携わることができて光栄です。こちらのロゴは、東京女子プロレスが今まで歩んできた歴史とこれからさらに盛り上がっていく未来の両方をイメージしながら、ティアラのモチーフを継承しつつもさらに広く展開がしやすいデザインになるようにと意識してデザインしました。今後とも東京女子プロレスをサイバーエージェントグループ一丸となって支持していきたいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加