【新日本】L・I・Jvs鈴木軍の6人タッグで快勝!内藤「最高の空間というのはレスラーだけじゃ絶対に作ることはできない」

新日本プロレスは9月5日(月)、東京・後楽園ホールにて『バーニング・スピリット』を開催。

『バーニング・スピリット』
日時:2022年9月5日(月) 17:30開場 18:30開始
会場:東京・後楽園ホール
観衆:700人(札止め)

コロナ禍以降、初となる声出し応援が可能となった今大会は、場内が大いに盛り上がる展開となった。

第7試合ではロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン(高橋 ヒロム&SANADA&内藤 哲也)vs鈴木軍(エル・デスペラード&タイチ&ザック・セイバーJr.)の対戦が組まれ、SANADAがタイチをオコーナーブリッジで仕留め勝利した。

<試合結果>

▼第7試合 30分1本勝負
高橋 ヒロム
SANADA 〇
内藤 哲也
vs
エル・デスペラード
タイチ ×
ザック・セイバーJr.
11分45秒  オコーナーブリッジ

試合後バックステージで内藤は「かつて、最高の空間というのはレスラーとお客様が一緒に作り上げるものだって言ったことがあったけど。今日試合して、改めて感じましたよ。最高の空間というのはレスラーだけじゃ絶対に作ることはできない。会場のお客様と一緒に作り上げるものだって。今日、歓声ありのプロレスを経験できてよかった。次は“デ・ハポン”の大合唱、お客様と一緒にしたいな。その為に必要なこと、それは! メインイベントに戻ること。さあ、どうやってメインイベントにもどろっかなー。カブロン!」とコメント。

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加