【FMWE】北海道で初の地雷&邪道ロケット電流爆破を敢行!大仁田厚はアンドレザ・ジャイアントパンダと異例の2連戦

大仁田厚率いるFMWEが今秋、北海道に初上陸し、北の大地では初めてとなる地雷爆破、電流爆破邪道ロケットを使用したデスマッチを敢行する。

また、大仁田は“歩く熊猫山脈” アンドレザ・ジャイアントパンダと異例の2連戦を行うことも併せて決まった。

同団体は「FMWE電流爆破~なくそうイジメ!地方応援プロレス~」の大会名で、10月1日にウエスタンパワーズ旭川駐車場特設リング(17時開始)、同2日に当別町総合体育館(12時半開始)で北海道2DAYSを開催する。

“北海道デスマッチスペシャル”と題して、旭川では「有刺鉄線バリケード地雷爆破+電流爆破テーブル+電流爆破バット(3本)6人タッグデスマッチ」で、大仁田、雷神矢口、佐野直組がミスター・ポーゴ、怨霊、櫻井匠組と対戦。

当別では「電流爆破テーブル+電流爆破バット(3本)+電流爆破邪道ロケット6人タッグデスマッチ」で、大仁田、矢口、吉田考志組がポーゴ、怨霊、モンスターレザー組と激突する。

北海道で電流爆破デスマッチが行われるのは5年ぶりのことで、未使用のアイテムを携えてパワーアップして戻ってくる。

また、大仁田は2日間ともダブルヘッダーを決行。両大会ともメインイベントのほか、第1試合に出場し、アンドレザ・ジャイアントパンダと2連戦を行う。

中国四川省出身で自称3メートル、500キロのアンドレザ・ジャイアントパンダは2017年7月に新根室プロレスでデビュー。

北海道を拠点に大日本プロレス、DDTなどでファイトしてきた。

ネタ元は223センチ、236キロと称されていた“大巨人”アンドレ・ザ・ジャイアントさんと思われるが、それをはるかにしのぐ巨大パンダだ。

大仁田は「僕の師匠のジャイアント馬場さんは209センチで、すごくデカいと思ってた。馬場さんよりデカいのがアンドレだけど、アンドレよりもデカいジャイアントパンダと戦ってみたいと純粋に思った」とマッチメイクの意図を説明。

8月中旬に大仁田は右ヒザ外側副じん帯損傷のケガを負いながらも強行出場を続けているが、「馬場さんの教えで休むわけにはいかんのじゃ。治療を受けて、北海道には万全の体調で乗り込みたい。1日2試合は数えきれないほどやってるから大丈夫」と意気込んだ。

<北海道2DAYS 対戦カード>

「FMWE電流爆破~なくそうイジメ!地方応援プロレス~ in 旭川」
10月1日(土)北海道・ウエスタンパワーズ旭川駐車場特設会場(17時開始)
☆子どもプロレス体操教室
<参加者>大仁田厚、パンディータ

▼第1試合 FMWE北海道初上陸記念特別試合
大仁田厚 vs アンドレザ・ジャイアントパンダ

▼第2試合
がばいじいちゃん vs パンディータ

▼第3試合
ミス・モンゴル vs 寧々∞D.a.i

▼第4試合
吉田考志、HASEGAWA  vs モンスターレザー、谷口裕一

▼第5試合
北海道デスマッチスペシャル~有刺鉄線バリケード地雷爆破+電流爆破テーブル+電流爆破バット×(3本)6人タッグデスマッチ
大仁田厚、雷神矢口、佐野直 vs ミスター・ポーゴ、怨霊、櫻井匠

 

「FMWE電流爆破~なくそうイジメ!地方応援プロレス~ in 当別」
10月2日(日)北海道・当別町総合体育館(12時半開始)
☆子どもプロレス体操教室
<参加者>大仁田厚、パンディータ

▼第1試合 FMWE北海道初上陸記念特別試合
大仁田厚 vs アンドレザ・ジャイアントパンダ
※レフェリー=パンダ

▼第2試合
ミス・モンゴル vs パンディータ

▼第3試合
がばいじいちゃん vs 寧々∞D.a.i

▼第4試合
HASEGAWA、櫻井匠 vs 佐野直、谷口裕一

▼第5試合
FMWE北海道スペシャルデスマッチ~電流爆破テーブル+電流爆破バット×(3本)+電流爆破邪道ロケット
大仁田厚、雷神矢口、吉田考志 vs ミスター・ポーゴ、怨霊、モンスターレザー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加