【2AW】リッキー・フジが「脳梗塞」で緊急手術、左半身が麻痺の状態

千葉密着・発信型プロレス2AWは8日、リッキー・フジが7日に「脳梗塞」の診断が下され、同日緊急手術が行われたことを発表した。

命に別状はない状況ではあるが、左半身は麻痺している状態と明かした。

以下、団体リリースより

【弊社所属選手 リッキー・フジに関してのご報告】

弊社所属選手 リッキー・フジが
9月7日に意識朦朧となり転倒し、救急搬送されました。
搬送先病院で検査いたしましたところ『脳梗塞』の診断が下され、同日緊急手術を行いました。

長時間に亘る脳血管カテーテル手術に成功し、幸い命に別状はない状況となりましたが、左半身は麻痺している状態です。

今後につきましては、ご親族より、主治医の方針に従い経過を診ながらリハビリ専門病院に転院のうえ、リハビリを行いながらの治療に専念していく予定とのことでございます。

引き続き、経過並びに容態など新たに分かり次第ご報告させて頂きます。

ファンの皆様、関係者各位にはご心配・ご迷惑をお掛け致しますことをお詫び申し上げます。

有限会社オンリーアドバンス
代表取締役会長 十枝 利樹

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加