世界ヘビー級王者・田中将斗がザ・グレート・サスケの挑戦を退け、多古米1年分を獲得!“ウクライナ人道支援”多古町チャリティプロレスは大盛況で幕

 ウクライナ人道支援を目的にした「多古マツリ2022~多古町チャリティプロレス」(主催=同実行委員会、アルファ・ジャパンプロモーション)が9月10日、千葉・多古町民コミュニティプラザ文化ホールで開催された。メインイベントでは世界ヘビー級王者の田中将斗(ZERO1)が挑戦者のザ・グレート・サスケ(みちのくプロレス)を退け初防衛に成功し、勝利者賞のブランド米・多古米1年分(365キロ)を獲得した。

 同イベントはサスケ、雷神矢口が所属する芸能事務所アルファ・ジャパンプロモーションの荒井英夫会長が音頭を取って実行委員会が発足。それにZERO1が全面協力する形で、昨年7月11日に同会場で初開催された。第2回の今年はウクライナ難民の支援などを目的にして、入場無料のチャリティイベントとして実施され、入場者から集められた募金は後日、ウクライナ大使館に届けられる予定。

 当日は隣接する多古町保健福祉センター駐車場で午前から多くのキッチンカーが出店。会場の駐車場では路上ライブ、大道芸も披露された。本会場では前半でエンターテインメントショーが行われ、地元のわせがく高等学校軽音楽部を始め、歌手のエイント・エマ、すみきち、芸人のポジロー、パンダえんぴつ、マジシャンのKO-1、ハマック柳田、よさこいの錦照会錦北蓮華が出演。プロレスラーでミュージシャンの矢口壹琅(雷神矢口)ら演者全員で「明日があるさ」を熱唱して締めくくられた。

 そして、後半ではプロレス9試合行われ、ZERO1勢、JUST TAP OUT勢、沙恵、矢口、橋本友彦、雷電らが熱いファイトを展開。大トリでは地方のチャリティイベントとしては異例のタイトルマッチが組まれ、試合前には“永遠のアイドル歌手”伊丹幸雄が国歌を斉唱して厳粛な雰囲気のなかで開戦した。

 序盤、グラウンドレスリングの展開から、田中のセコンドが介入し、田中は竹刀攻撃。場外乱闘からテーブルの上にサスケを寝かせると、トップロープからスーパーフライを敢行。

 さらに田中は足を鉄柱などで攻めていった。10分過ぎ、サスケはトップロープからのローリング・ネックブリーカー、卍固めで反撃。田中、サスケの順に雪崩式ブレーンバスターの応酬。サスケはサスケ・スペシャルX ver10.2 セグウェイ(モノマネ禁止)、エプロンでパイルドライバーを見舞うと、トップロープから場外の田中めがけてトペ・コンヒーロを狙うも自爆。

 田中は串刺しラリアットからスーパーフライにいくも、サスケが剣山で阻止。サスケは丸め込みでフォールを狙うも、田中がエルボー、スーパーフライ、スライディングDとたたみかけて3カウントを奪取。ベルトを守った田中には、勝利者賞の多古米1年分が贈呈された。

 田中は「このベルトはどんなことしても俺の腰から遠ざけるわけにはいかない。杉浦(貴)から獲って、1発目は世界的に有名なサスケを退けて。次、関本大介、次の新木場(10・19)でどうや? スケジュール空いてるやろ。俺の前に立て。その次、ノアさんのリングで稲村愛輝、そいつも倒して。『火祭り』で結果は残せなかったかもしれへんけど、準優勝の稲村、優勝の関本を倒したら、堂々とZERO1のトップに立つ。止めれるものなら誰でも止めてみい!」とコメント。

 サスケは「ある部分がずれてて、昨日、徳島の世界的な整体師に見てもらって、骨は元に戻ったんですが、しびれが残っていて、昨夜一睡もできなかった。当日迎えて、試合前に受け身取ってみたらまだしびれが残ってて、ダメかなと思ったけど、橋本選手が柔道整復ができてうまく動かせるようになって、意外といけました。ただ飛んだのをかわされて、あれがダメージになって。田中選手が古傷のヒザ狙いに来てくれて、それが逆に良かった。今回は違うところをケガしてるんで。その後、強烈なラリアット、スライディングD食らって、首が元に戻ってしまった。今日は客足が早くて、走って席を取る姿を見て、かつてのみちプロの光景を見た気がしました。また多古町に戻ってこれたらいい」と話した。

 また、イベントでは多古町のマスコットキャラクター・ふっくらたまこも参戦し、セミファイナルで矢口、橋本友彦ともに奮闘。来賓として、参議院議員の臼井正一氏、神奈川県議会議員の作山ゆうすけ氏、香取市市長の伊藤友則氏、わせがく高等学校校長・守谷たつみ氏、5月にウクライナから日本に避難したコリエスニコヴァ・クセーニャさんが来場。アントニオ猪木氏のモノマネでおなじみのアントキの猪木もパフォーマンスを行った。

 昨年に続き、エンタメショー、プロレスの試合で場内は大いに盛り上がり大盛況で幕を閉じた。主催の荒井会長は「プロレスの試合が皆さんの心に残ればうれしく思います。チャンスがあったら、また多古町でやれたらいい」と述べた。

「多古マツリ2022~多古町チャリティプロレス」(主催=多古町チャリティプロレス実行委員会)
日時:9月10日(土)イベント開始13時
会場:千葉・多古町民コミュニティプラザ文化ホール
観衆460人(満員)

1.シングルマッチ20分1本勝負
◯菅原拓也(8分41秒逆エビ固め) 星野良×

2.タッグマッチ30分1本勝負
太嘉文&◯松永準也 (9分58秒片エビ固め)北村彰基&永尾颯樹×
※ビースティング

3.「天下一ジュニア2022」Bブロック公式戦 シングルマッチ30分1本勝負
アンディー・ウー×〈2戦1勝1敗=5〉 (12分52秒エビ固め)◯馬場拓海〈1戦1勝=5点〉
※BBボム

4.「天下一ジュニア2022」Bブロック公式戦 シングルマッチ30分1本勝負
ヤス久保田× 〈2戦1勝1敗=5点〉(15分30秒横十字固め)◯仁木琢郎〈2戦1勝1敗=5点〉

5.「天下一ジュニア2022」Aブロック公式戦 シングルマッチ30分1本勝負
井坂レオ×〈2戦1勝1敗=5点〉(11分00秒エビ固め)◯政岡純〈2戦2勝=10点〉
※Ambitions

6.シングルマッチ30分1本勝負
◯アストロマン (7分7秒アストロクラッチ)雷電×

7.男女混合タッグマッチ30分1本勝負
◯ファイヤー勝己&沙恵 (14分51秒ファイヤーロック)十文字アキラ×&AOI

8.ふっくらたまこさんプロレスデビュー戦!!2vs3変則タッグマッチ30分1本勝負
橋本友彦&◯雷神矢口&ふっくらたまこさん(16分41秒体固め)クリス・ヴァイス&横山佳和×
※サンダーストラック

9.多古米1年分争奪戦!世界ヘビー級選手権試合 シングルマッチ30分1本勝負
(王者)◯ 田中将斗 (16分41秒片エビ固め)ザ・グレート・サスケ×(挑戦者)
※スライディングD。田中が初防衛に成功。

〈写真提供:多古町チャリティプロレス〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加