【全日本】野村がジェイクを秒殺!新王者となった宮原の三冠へ挑戦決定!!

全日本プロレスは9月18日、18年7か月ぶりに聖地・日本武道館に帰還となる「楽天チケット Presents 全日本プロレス50周年記念大会」を開催した。

「楽天チケット Presents 全日本プロレス50周年記念大会」
日時:9月18日(日) 15:00開場 16:30試合開始
会場:東京・日本武道館
観衆:4780人

セミでは三冠ヘビー級王座次期挑戦者決定戦が行われ、ジェイク・リーと野村直矢が対戦。

野村が先に入場するとジェイクが黒のコスチュームを脱ぐのと同時に野村がタックルで飛び掛かり試合開始となった。

野村が力いっぱいのエルボーの乱打を仕掛けるとジェイクも応戦。

しかし野村の素早い攻勢にペースを握れず、スピアーを決められまさかの43秒でジェイクは敗れた。

<試合結果>

▼第11試合  三冠ヘビー級王座次期挑戦者決定戦 シングルマッチ  60分1本勝負
ジェイク・リー ×
vs
野村直矢 〇
0分43秒 スピアー→ジャックナイフ式エビ固め

試合後、勝利を収めた野村は自身のTwitterで「ジェイクとの喧嘩マッチ勝ったのは野村直矢!右ストレートからスピアージャックナイフ。あれしかない勝ち方だった。明日の三冠戦も勝つのは野村直矢!1分以内で」とツイート。

敗れたジェイクも自身のTwitterで「応援してくれている方々へ 期待に応えられず不甲斐ない姿を見せてしまい申し訳ない、ありがとうございました。」とツイート。

■試合後バックステージコメント

野村「よっしゃー! 見たか、見たか。喧嘩だろ。俺は喧嘩に勝ったんだよ。どんな勝ち方でも勝ちは勝ち。喧嘩に俺は勝った。ジェイク、お前の知ってる野村直矢じゃねぇぞ。見てみろ、このベルト。俺は変わったんだよ。また、もう1回やりたいって言うなら胸を貸してやる。俺は次、行くぞ。三冠待ってろ!」

※ジェイクはノーコメント

そしてメインの三冠ヘビー級選手権で諏訪魔に勝利した宮原に対し、改めて宣戦布告した野村。

19日の後楽園大会で2日連続となる三冠戦(王者・宮原vs挑戦者・野村)で全日本プロレス新時代が始まる。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加