【全日本】50周年記念大会に来日したスタン・ハンセン氏「50周年おめでとう!またここに戻って来て一緒にいい試合を見たいと思います」

全日本プロレスは9月18日、18年7か月ぶりに聖地・日本武道館に帰還となる「楽天チケット Presents 全日本プロレス50周年記念大会」を開催した。

「楽天チケット Presents 全日本プロレス50周年記念大会」
日時:9月18日(日) 15:00開場 16:30試合開始
会場:東京・日本武道館
観衆:4780人

メインで行われた三冠ヘビー級選手権は王者・諏訪魔に第9回 王道トーナメントを制覇した宮原健斗が挑戦。

またこの試合には特別立会人としてスタン・ハンセン氏と小橋建太氏が見届けた。

久しぶりに来日したハンセン氏に観衆も拍手でこたえた。

試合途中、諏訪魔がハンセン氏に詰め寄る場面も。

試合は宮原が勝利し、立会人として3ショットに収まった。

■試合後バックステージコメント

ーー三冠戦を見てどう感じましたか?

ハンセン氏「素晴らしい試合でした。また日本に戻って来ることもできて、マットを踏むというのも非常に嬉しかったですね。」

ーー日本武道館についてはいかがですか?

ハンセン氏「数々の激闘はよく覚えてます。ニュージェネレーションもああやって頑張っているところを見ていても嬉しい気持ちで一杯ですね。いい思い出がいっぱい詰まった会場です。」

ーー思い出の試合は?

ハンセン氏「一つの試合といっても無理ですね。全ての対戦相手が良かった。三沢、天龍、もちろん馬場、とにかく当たった選手がみんな良かった。全ての試合がいい思い出として残ってますね。」

ーー51年目の全日本に期待することはありますか?

ハンセン氏「50周年おめでとう!またここに戻って来て一緒にいい試合を見たいと思います。願わくばあと50年頑張って欲しいですが、そのとき私はこの世にいないので。もしかしたら今日出場した選手で元気にやっている選手がいるかもしれませんね。」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加