【東京女子】伊藤麻希が荒井優希とSKE48の14周年記念公演で共演も、頭突きを見舞うハプニングも…

 9月25日、愛知県名古屋市の日本ガイシホールでおこなわれたSKE48の14周年メモリアル公演「SKE48 14th Anniversary Festival 2022」に伊藤麻希(東京女子プロレス)がゲスト出演した。


C)Zest

 これは同月4日のTJPW名古屋大会でSKE48がミニLIVEをおこなった際、荒井優希が「SKE48に来てください!」と伊藤に迫り、最初は固辞していた伊藤も最後は「9月25日、伊藤麻希参戦します!」と受諾したもの。

 当日、3月19日、両国国技館での伊藤vs荒井の試合映像が突然流れたあとに伊藤と荒井の2人がステージに登場。この日のためのオリジナル衣装の伊藤はSKE48の楽曲の中で、キュートなユニット曲として知られる『狼とプライド』を荒井とのペアで披露した。伊藤いわく「歌って踊れないからアイドルをクビになった」とのことだったが、そんな過去を払拭するかのパフォーマンスを見せた。

 客席のSKE48ファンもペンライトを伊藤のパーソナルカラーの赤にチェンジ。会場が真っ赤に染まり伊藤を歓迎した。

 ハッピーエンドで終わると思いきや、曲が終わると伊藤は頭突きを荒井に見舞い、倒れ込んだ荒井は呆然。最後はいつもの伊藤らしさ全開でファンを沸かせました。

 荒井は、その後のMCで「頭突きされて、そのまま倒れたかもしれないんだよ。今、立ってることを褒めて」「でもペンライトをみんな赤にしてくれて、SKEファンの対応力エグいって久々に思った」とコメント。

 ライブ出演を終えた伊藤は「お腹痛くなるぐらい緊張したけど、めちゃめちゃ良い経験になりました! 10年前にHKT48の第一期オーディションに書類落ちして泣いてた自分に『一応、夢は叶うから泣くな』って言いに行きたい。ファンの皆さんも伊藤を温かく迎えてくれてありがとうございました。幸せ者です。改めてSKE48さん、14周年おめでとうございます!」とコメントした。

また、伊藤はライブ後に自身のTwitterを更新し、心境をつづった。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加