【まなせゆうな&長谷川美子インタビュー】まなせがタイトル戦に向け“打倒ジャクソン”を宣言!長谷川はガンプロ入団、再デビューの胸の内を語る<プロレスTODAY増刊号>

ガンバレ☆プロレスより、まなせゆうな&長谷川美子がプロレスTODAY編集部に来社。

10月2日(日)に開催される東京・板橋グリーンホール大会にて、まなせはハートリー・ジャクソンの保持するスピリット・オブ・ガンバレ世界無差別王座に挑戦。

140kgのハートリー・ジャクソンとのタイトルマッチに挑むまなせが試合への意気込みを語った。

また長谷川美子はガンバレ☆プロレスへの入団や再デビューに対する気持ちを赤裸々に語り、今大会ではガンジョメンバーとの6人タッグマッチに挑む。

『ねらわれた学園2022』
日時:2022年10月2日(日) 開場17:30 開始18:00
会場:東京・板橋グリーンホール

▼インタビュー全編はコチラからご覧ください

▼スピリット・オブ・ガンバレ世界無差別級タイトルタッチへの意気込み

――現在のスピリット・オブ・ガンバレ世界無差別級王者、ハートリー・ジャクソン選手に挑まれますが心境はいかがでしょうか?

まなせ「前回の成増大会で今成さんチャンピオンでハートリー・ジャクソンにベルトを取られてしまったわけなんですけど。すっごい悔しくて、気がついたら挑戦表明してましたね。もともとジャクソンとは試合したいと思っていて。ゼロワンさんで戦わせていただいたときにバチボコにされたんですよね。だから挑戦表明したときも、『ボコボコにされすぎて忘れちゃったの?お前どれだけやられたと思ってるの?それなのにまた来るの?』って言われたんですけど。わたしはあの悔しさを忘れた日はなくて。で、後楽園ホールに来て、『俺はガンバレの炎を消しに来た。俺は悪に染まる。』って言っちゃって。何言ってんだ?って。」

――怒りの導火線に火がついたわけですね。

まなせ「だからその日、いろんなことが重なったんですよね。私は正直、今成さんとタイトルマッチがしたかったから今成さんが負けたのも悔しいし、ゼロワンで負けたことも悔しいし。それに、ガンジョの仲間が増えていく中でわたしがガンジョを前に進めるために動かないと、と思ったきっかけがあって。」

――きっかけですか。

まなせ「所沢大会でみんなで写真を撮ったんですね。そのときにみんなが『まなせ、真ん中で』って言ってくれたんですよね。わたし今まで、でかいから他の人が見えなくなるから後ろ行ってとか、真ん中になることがなかったんですよね。アクトレスガールズのときも、『あなたはセンターにはなれない、前田敦子にはなれないから、みんなを支えなさい。』って。そんな風にずっと言われてたわたしが、前田敦子ポジションですよ!」

――それくらいガンバレ☆プロレスの中で信頼して評価されているということですね。

まなせ「みんなが支えてくれてるおかげですね。」

――対戦相手のジャクソンですが、先ほどのコメントに加え「そこの最前列のお客さん三人がビックリして死んじゃうぐらい、オマエをボコボコにしてやるよ。それでもいいなら、挑戦を受けてやるよ。ユウナちゃん」ともコメントしてますね。

まなせ「そんなひどいこと言ってたんですか?でもガンプロのお客さんはいろんなこと乗り越えてるんですよ。だからやってみろ!」

――長谷川選手は、まなせさんのタイトルマッチについてはいかがですか?

長谷川「いややっぱり、ガンプロに来てよかったなって思います。お客様も含め、熱量がすごいんですよね。だからお客様の熱量とまなせさんの力が合わさって、勝てるんじゃないかなって思います。」

――まなせさんが入場のとき、ガンプロの旗を振って入場されますがガンプロを背負っているという覚悟を感じますよね。ちなみに前回ハートリー・ジャクソンと試合をやられた感触はいかがでしたか?

まなせ「今まで出会った中でも一番大きいタイプだったので、でかいって強いんだなって身に染みて感じましたね。1つ1つの技が強烈だし。Wikipediaの情報だと103kgって書いてあったんですけど、いろいろ経験積んで、今は140kgぐらいあるらしくって(笑)。誤差なのか分からないですけど。」

――誤差ですか(笑)

まなせ「あの試合で140kgのセントーンをくらってるんですよ。でもわたしは140kgにつぶされても今も生きてる!あの試合でやったことはいい経験になって、自信になってるんですね。だから不安はないですね。」

――秘策はあったりしますか?

まなせ「秘策というか、大家さんと練習の時に、私どうしても勝ちたいんだよって話したんですね。で、もともと丸め込みとかの技も持っていたので、普段やらない技とかもやってみようかなって話したんですね。そしたら『おい、まなせ。お前はなんで勝ちたいんだ?がむしゃらになんでもやって勝つってことも大事だけど、一番大事なのはまなせゆうなとして勝つことなんだ。お前は、何でジャクソンに勝ちたいんだ!』って言われて。だから『ラリアットです!』って答えたんですよね。『そうだろ!じゃあラリアットの練習しろ!ラリアットで勝て!まなせゆうなで勝て!』って言われて。確かに!って思って(笑)。だから今大家さんを殴りまくってます(笑)」

――大家さんが思い起こさせたんですもんね。

まなせ「なので、前哨戦はないんですけど、大家さんと戦う機会があるので仮想ジャクソンだと思って倒します!自分は鼓舞するのも大事だと思うんですけど、根本大事なのは気持ちだと思うんですよね。気持ちを10月2日まで保っていきたいと思います。その後もね。」

 

▼イギリス×魔界×ガンジョ!スペシャル6人タッグマッチへの意気込み

――長谷川選手は、YuuRI選手、ラム会長と組んで6人タッグマッチに挑むわけですがいかがですか?

まなせ「これ凄いカードだよね。絶対楽しい!」

長谷川「まず海外の選手と戦うのが初めてなんですよね。」

まなせ「ナイトシェイドは自分が東京女子の頃から東京女子、ガンプロに来てくれていて。ずっと戦ってみたくて、DMとかでもやり取りする仲なんですけど。」

――そうなんですね!

まなせ「今回来ることについて『私日本行くんだ~、ガンプロにもあがるからゆうなと試合できるかな?』ってDMくれたんですけど・・・。私ハートリー・ジャクソンと・・・試合が・・・(笑)。『あ、そっか。じゃあご飯行こー』って(笑)。本当にずっと戦いたかったから・・だから私の気持ちと思いも背負って戦って!」

長谷川「はい!頑張ります!!」

――対戦相手の春日選手、HARUKAZE選手はいかがですか?

長谷川「春日選手は、再デビュー戦の相手だったんですけど、負けてしまって。でもその時に熱いお言葉をいただいたので、そのガンプロの炎を胸に頑張りたいです。HARUKAZE選手は、普通にプライベートでご飯行ったりとか仲良くさせていただいているんですけど。前の試合でボコボコにやって去られたので、今度は自分がやり返したいです(笑)」

――タッグを組む、YuuRI選手、ラム会長はいかがですか?

長谷川「ラム会長は、お会いしたことなくてはじめましてなので緊張してます。とても素敵な試合をされてるなと。」

まなせ「すごい中指立ててるよ?」

長谷川「えっ!!…それを素敵と言ってしまって(笑)。闇落ちしないようにしないと(笑)」

まなせ「YuuRIちゃんとか速攻引き込まれそうだもんな(笑)」

――どうですか?ご自身にそういう悪の要素は・・・?

長谷川「いや、ないと思います!えーでも、闇落ちしたら・・・、ガンプロ来て速攻闇落ち(笑)」

――まなせさんはこの試合いかがですか?

まなせ「素直に楽しみですね。自分がタイトルマッチなので、多分見れないと思うんですけど、普通に見たい!誰がどう行くか・・・、よぴちゃん(長谷川選手)が春日さんから取ったら嬉しいな。」

▼長谷川選手はガンプロ入団で復帰ではなく再デビューしてみて感じた事、目標など

――7.10大田区で入団を発表されたときはびっくりしましたが、なぜガンプロを選ばれたのですか?

長谷川「以前、アクトレスガールズにいたときに高瀬みゆき選手と林亜佑美選手がガンプロの後楽園ホール大会に出場されたんですね。その時セコンドで試合を見て、全ての試合が楽しかったんですよ。面白すぎたし、声を出せない時だったのに、お客様の熱量をすごく感じたんですね。もうガンプロに一目惚れでした!でも私、他団体の試合をあまり見てなかったので、他団体もいろいろ見てから判断しようと思ったんですね。で、いろいろな団体を見に行ったんですけど、ガンバレ☆プロレスがやっぱり一番好きだなと。」

――ガンプロは特にどこがよかったんですか?

長谷川「ずっと言ってますけど、やっぱり熱量ですね!全員家族のようだなって。」

まなせ「家族なんじゃないかな。ガンプロっていう家族。ガンプロという家族をどんどん大きくしていくのが、大家さんなんじゃない?でも大家さんってお母さんっぽいよね、お父さんじゃなく(笑)」

――入団発表でリングに上がったときはどうでした?

長谷川「私のこと知らないお客様ばかりなので、ん?ってなってるのは感じましたね。わたしでごめんなさい!って思って。翔太さんがはじめ別の煽り方してたので・・・」

まなせ「あれは翔太さんがひどいよね!アメリカ行ってるけどさ、翔太さんが悪いんだよ!」

長谷川「最初はちょっとごめんなさいって思いながら・・。リングで言いたいことは決まっていたんですけど、全部すっとんじゃって。このリングにあがれたことがありがたいって思って、涙が止まらなくなっちゃいましたね。」

――途中から感極まってましたもんね。

長谷川「やっぱり(欠場期間の)1年7か月は長かったです。首骨折して、ヘルニアになって・・、周りからはもうやめればって言われ続けたんですけど、せっかくプロレス界に入ってデビューさせていただいたのに、何も残せてない中、このまま終わるわけにはいかないなと。でもTwitterもどんどん減っていくんですよね、フォロワーが。でもやっぱりこの世界に残りたいって思いできました。」

――長谷川選手ですごく印象に残っているんですけど、アクトレスガールズのときに、高瀬みゆき選手と桜井まい選手と一緒にコスチュームで来社いただきましたよね?あのとき、コスチュームのまま電車に乗ってきましたって言っていて、本当にハートが強いなって思いました(笑)

※参考記事:https://proresu-today.com/archives/127440

長谷川「ありましたね(笑)。あのあと、(コスチュームのままで)みゆきさんホームまで送りましたもん。」

まなせ「そういうの考えられるのすごいよね。」

長谷川「やりたいんですよ、ガンバレ☆プロレスでも!」

まなせ「(笑)。いいよ!やろう!ここに来よう!!」

▼まなせ選手は長谷川選手の入団を聞いてどうだった?

――まなせさんは長谷川選手の入団はいつ知ったのですか?

長谷川「いつ知ったかな?YuuRIちゃんのときよりかは早く知れましたけど。YuuRIちゃんの入団は、本当にその日に知ったの。会ったことなくて、会場に金髪の子いるなって思ったらガンプロ来た(笑)。だからそれよりかは前。一緒に練習もさせてもらったし。アクトレスの頃セコンドにも付いてもらっていて、前から知っていたので嬉しかったですね。こんなかわいい子がガンプロ来ると思わなくて(笑)。このプロレス界、選択肢たくさんあるじゃないですか。その中からガンプロ選ぶなんて、まじセンスいい!って思った。」

▼ガンジョメンバーが増えてやりたいことは?

まなせ「今年、ガンジョ興行やれてないからやりたいですね。ジャクソンからベルトを取って、ガンジョ興行でタイトルマッチをやりたい。プラスでガンジョメンバー全員にやりたいカードを聞いて、それを全部やりたい!ファイトマネー高いのはあれだけど・・(笑)。自分の思いをぶつけたい選手と試合ができる興行をしたい。自分はガンプロに来るまで、やりたいカードとかって聞かれたことなかったの。そういうことが嬉しかったし、ガンプロに来てどんどん人生が楽しくなったから、ガンプロのみんなと共有したくて。」

――夢がありますね。

まなせ「あとガンジョが5人になったから、1個作品を残したい。ガンプロをプロレスを好きな人に届けたいし、かっこいい5人でいたくて。そういう世界観を伝えられるようなものを作品として作りたい。」

――まなせさんは、明るくて元気で前向きでお客さんにもパワーを与えてますよね。

まなせ「みんなのこと好きだもん。好きな人と楽しく元気に生きていきたい!」

――そういうのって伝わりますよね。お客さんもプロレスを見て元気をもらってると思います。

まなせ「それがガンバレ☆プロレスだなって、わたし凄い思うんです。自分が頑張るのはもちろん、観てくれた人が『明日頑張ろう』って思えるのがガンバレ☆プロレスだなって。だから私たちは引き続き頑張りましょう(笑)」

長谷川「はい!」

――長谷川選手にアドバイスはありますか?

まなせ「よぴちゃんはよぴちゃんのまま、やりたいことをどんどんしていってほしい。よぴちゃんがプロレスラーとして何か残してほしいっていうのはあるけど、よぴちゃんの人生がよくなってほしい。だからずっと応援してる。」

長谷川「すごい・・、お母さん(みたい)。」

まなせ「やだー!それみんなに言われるの!ちょっと聞いてくださいよ!会場とかでね、男子たちが大騒ぎなんですよ。早く撤収しなきゃいけないのに、勝村さんなんてコスチューム脱いで走り回ったりして。渡瀬は入らない・・とかいって泣いてるし、もうみんなしっかりして!って怒ってるんだけど。私はもっとアイドルでいたかった、お母さんじゃなくて、せめてお姉ちゃんくらいに!」

 

▼長谷川選手の今後の目標

長谷川「目標は、船の上で試合をするっていう。路上プロレスがあるんだったら、船上プロレスも。わたし船舶免許持ってるので、船出すんでそこでプロレスをやってみたい。」

まなせ「これ大家さん案件じゃないね・・・、高木さん案件(笑)」

――でも船って酔いません?

長谷川「酔います。運転してたらいいんですけど、乗ってるだけだと、常にリバース・・・(笑)」

まなせ「みんなで酔い止め飲んでこ!」

――カメラもグラグラしますよね(笑)

長谷川「だから動画配信見てる方も、船酔いするっていう・・(笑)」

まなせ「そういう危険なのいいね!」

長谷川「いつか叶えたいですね。」

▼大会についてのメッセージ

まなせ「ガンバレ☆プロレス『ねらわれた学園2022』、なんでこのタイトルになったのかは何もわからないんですけど。この作品、女の人が主人公のお話らしいです。たまたまなのか、運命的なのか分かりませんが、女のわたしがハートリー・ジャクソンを倒してベルトを取ったらこの話の続きが出来るんじゃないかなって思います。そしてよぴちゃんの試合も華やかなメンバー揃ってます。わたしが誇りに思うガンジョのメンバーが魅せてくれますし、わたしも魅せます!多分レッスル・ユニバースの配信ないと思うので、ぜひ会場に来て応援していただけると嬉しいです。待ってます!よろしくお願いします!」

長谷川「ガンバレ☆プロレスでわたしは元気をもらって、復帰させていただきました。現場でしか感じられない熱いものがあります。ぜひ会場に遊びに来ていただけたら嬉しいです。絶対絶対熱い気持ちになって帰れると思いますので、ぜひよろしくお願いします。」

 

<インタビュアー:プロレスTODAY総監督 山口義徳>

 

▼インタビュー全編はコチラからご覧ください

 

ねらわれた学園2022
日時:2022年10月2日(日) 開場17:30 開始18:00
会場:東京・板橋グリーンホール

<対戦カード>


▼スピリット・オブ・ガンバレ世界無差別級選手権試合
<王者>ハートリー・ジャクソン vs まなせゆうな<挑戦者>
※第3代王者は初防衛戦。


▼イギリス×魔界×ガンジョ!スペシャル6人タッグマッチ
ナイトシェイド&春日萌花&HARUKAZE vs ラム会長&YuuRI&長谷川美子

▼ユニオン同窓会 in ガンバレ☆プロレス
大家健 vs 風戸大地

▼パワーオブドリーム同窓会 in ガンバレ☆プロレス
岩崎孝樹 vs 神崎ユウキ

▼ねらわれた学園2022スペシャルタッグマッチ
勝村周一朗&タノムサク鳥羽 vs 石井慧介&今成夢人

▼富山&インドvs大田区&長野全面対抗戦!
冨永真一郎&バリヤン・アッキ vs 高尾蒼馬&渡瀬瑞基

大会詳細などは公式サイトにて
https://www.ddtpro.com/schedules/18594

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加