【新日本】アンダーソンが棚橋を撃破しNEVER王座防衛!ヒクレオがBULLET CLUBに反旗し次期挑戦をアピール!!

新日本プロレスは9月25日(日)、兵庫・神戸ワールド記念ホールにて3,150人の観衆を集め、「バーニング・スピリット」最終戦を開催した。

バーニング・スピリット
日時:2022年9月25日(日) 14:30開場 16:00開始
会場:兵庫・神戸ワールド記念ホール
観衆:3,150人

セミではNEVER無差別級選手権が行われ、王者カール・アンダーソンに棚橋弘至が挑戦。

好勝負を展開していた両者であったが試合途中にBULLET CLUBのギャローズが介入すると、それを矢野が阻止。

試合は一進一退の攻防となるが、最後はアンダーソンのガンスタンが棚橋に炸裂し、NEVER無差別級王座の初防衛に成功。

試合後もBULLET CLUB勢に棚橋と矢野を襲撃すると、そこにタマ・トンガが助太刀に加わると、今度はヒクレオが登場。

そしてここでヒクレオがまさかの行動に出た。

ジェイを捕まえたヒクレオはなんと、タマに放り投げた。

受け取ったタマはそのままガンスタンを決めジェイをノックアウト。

ヒクレオはついにタマと抱き合うと、アンダーソンの持つNEVER無差別王座への次期挑戦を表明した。

<試合結果>

▼第8試合 60分1本勝負
NEVER無差別級選手権試合
<第37代チャンピオン>
ザ・マシンガン”カール・アンダーソン ○
vs
<チャレンジャー>
棚橋 弘至 ×
13分37秒  ガンスタン→片エビ固め

※アンダーソンが初防衛に成功

➡次ページ(試合後バックステージコメント)へ続く

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

Pages 1 2