【ガンプロ】ハートリー・ジャクソンが大奮闘のまなせゆうなを退けガンバレ世界無差別級王座初V!11・3横浜で勝村周一朗が初挑戦へ

 ガンバレ☆プロレスが10月2日、東京・板橋グリーンホールで「ねらわれた学園2022」を開催。女子選手では初めてスピリット・オブ・ガンバレ世界無差別級王座に挑んだまなせゆうなが、王者のハートリー・ジャクソンを相手に大奮闘したもののごう沈。初防衛に成功した王者のジャクソンには、“リアル・タイガーマスク”勝村周一朗が名乗りを挙げ、地元の横浜ラジアントホール(11月3日)で挑戦することが決まった。

 奇襲をかけたまなせはエルボー、ショルダータックルを連発するも、体格ではるかにまさるジャクソンは動ぜず。まなせを場外に落とすと、強烈なチョップを連打。

 

 まなせもエルボーで反撃するも、ジャクソンは串刺し式チョップ、ラリアットで猛攻。劣勢のまなせはジャクソンのウイークポイントであるヒザにマトを絞り、低空ドロップキック、エプロンでのドラゴンスクリュー、鉄柱で足を攻めた。

 さらに、監獄固め、デスロックでダメージを与えると、ラリアットの乱れ打ち。トップロープでの攻防から、まなせはヘッドバットを連発し、高角度のパワーボムで投げ捨て、ラリアットを叩き込むもフォールは奪えず。

 まなせは決死のエルボーを連発するも、ジャクソンはボディアタック、セントーン、走り込んでのラリアット、必殺のジャンピング・パイルドライバーを決めるが、まなせは死力を振り絞ってクリア。

 ならばとジャクソンはショートレンジ・ラリアットを見舞って3カウントを奪った。敗れたものの、圧倒的な体格差、性別の壁がありながらも、果敢に立ち向かったまなせの戦いは称賛に値するものだった。

 初Vに成功したジャクソンは「マナセはファイティングスピリットを持った相手だった。ベルトは俺が持ってるが、本当のスピリットは心の中にあるとマナセが示してくれた。1度も引き下がることがなかった」とまなせを称えた。そして、「残念ながら悪いヤツが勝つ。俺がベルトを持っている。ジャクソンがナンバー1だ。あとはビールがあれば完ぺきだ」とマイク。

 すると、この日の第4試合(勝村、タノムサク鳥羽組VS石井慧介、今成夢人組)で前王者の今成を破った勝村がジャクソンが大好きな缶ビールを持って現れ、ジャクソンと乾杯。

 

 勝村はジャクソンが退場すると、「まなせが熱い試合して、心に響くものがあった。でもジャクソンはメチャクチャ強いのも分かった。健ちゃん(大家健)も渡瀬(瑞基)も行きたいところだろうけど、パワーでは勝てない。俺が頭、テクニック、スピード、パワーでアイツからベルトを奪い返してやる」と挑戦表明。

 いったん引き揚げた勝村は大家代表を引き連れて戻り、ガンバレ☆集会を開き、熱い思いを吐露。大家代表が承諾すると、決戦の場を地元・横浜での凱旋大会に指定し、同王座への初挑戦が決まった。

 ジャクソンは「非常にいい初防衛戦だった。彼女の試合、行動、目つき、すべてからガンバレスピリットを感じた。満足している。形としてのスピリット・オブ・ガンバレのベルトは俺の肩にあるけど、本当のスピリットは心の中にあって、それを示せるプロレスが大好きだ。自分が強いスーパーヘビーのチャンピオンであることに満足してるし、これからもいいチャンピオンになっていきたい。何かを手に入れるためには悪いこともしなきゃいけないと言ってきたので、マナセが足を攻めてきたことにはリスペクトしてる。チャンピオンになるためには手段を選んじゃいけない。彼女はすべきことをしたと思う」とビールを飲みながら満足げに語った。

 そして、次期挑戦者が勝村に決まったことを聞くと、「いいヤツだけど手加減はしない」とピシャリ。さらに、「(王座を奪取した9・3成増と比べると)コンディションはよくなってる。(昨年12月の)手術後、外国の日本でのリハビリで精神的にも肉体的にもつらかったけど、ここにきて実を結んでる。前回より、もっといいプロレスを見せたかった。4日で23周年になるので、よりいいものを見せるために努力してる」と話した。

 一方、ダメージが大きいまなせはバックステージで大の字になったまま、「挑戦表明してから、毎日ジャクソンのことを考えて今日まで来ました。ジャクソンのことを毎日見すぎて、会いたくてしょうがなくなってました。でも、リングで会ったら思ってた以上にデカいし、悪い人なんだけど、スピリット・オブ・ガンバレでした。私のスピリット・オブ・ガンバレより、彼はもっとスピリット・オブ・ガンバレだったから、ベルトをずっと持ってるんだと思うけど、私はまだ生きてます。あきらめてないから、もっと頑張るから」と前を向いた。

 また、第1試合での「パワーオブドリーム同窓会対決」で神崎ユウキを制した岩崎孝樹が「31歳になって、年明けには子どもも産まれるし、今が一番脂が乗ってて、心身ともに充実してて絶好調だから。今動いて勝負しないと後悔する気がするから。さらに強くなって、もっと高みにいきたいと思います」と意味深な発言を残した。

【大会名】ねらわれた学園2022
【日時】2022年10月2日(日) 開場17:30 開始18:00
【会場】東京・板橋グリーンホール
【観衆】120人(札止め)

▼第一試合 パワーオブドリーム同窓会 in ガンバレ☆プロレス 30分一本勝負
○岩崎孝樹 vs 神崎ユウキ●
8分45秒 テキサス・クローバー・ホールド

▼第二試合 イギリス×魔界×ガンジョ!スペシャル6人タッグマッチ 30分一本勝負
○ナイトシェイド&春日萌花&HARUKAZE vs ラム会長&YuuRI●&長谷川美子 
12分46秒 エビ固め
※ライツアウト

▼第三試合 ユニオン同窓会 in ガンバレ☆プロレス 30分一本勝負
○大家健 vs 風戸大地●
9分8秒 片エビ固め
※炎のスピア

▼第四試合 ねらわれた学園2022スペシャルタッグマッチ 30分一本勝負
○勝村周一朗&タノムサク鳥羽 vs 石井慧介&今成夢人●
11分14秒 トリプルワン1ロック

▼セミファイナル 富山&インドvs大田区&長野全面対抗戦! 30分一本勝負
○高尾蒼馬&渡瀬瑞基 vs 冨永真一郎●&バリヤンアッキ
16分10秒 公認エンドレスワルツ

▼メインイベント スピリット・オブ・ガンバレ世界無差別級選手権試合 60分一本勝負
<王者>○ハートリー・ジャクソン vs まなせゆうな●<挑戦者>
20分15秒 エビ固め
※ラリアット。第3代王者が初防衛に成功。

〈写真提供:ガンバレ☆プロレス〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加