【ガンプロ】元・伝説のキャバクラ嬢”リアラがガンバレ☆プロレスの正式な練習生に!「大仁田さんと電流爆破をやらせていただけるんであれば、全力でやりたいです」

 CyberFight傘下のガンバレ☆プロレスが10月3日、都内で記者会見を開き、東京・歌舞伎町のキャバクラでナンバー1の座に君臨してきた“伝説のキャバクラ嬢”リアラが正式に同団体の練習生になったことを発表した。

 宮城県栗原市出身のリアラは父が警察官、母が銀行員、祖父が学校長、親せき全員が公務員という厳格な家庭で育った。小学校4年生の時、兄の影響でプロレスにはまり、当時『ワールドプロレスリング』(テレビ朝日系)で繰り広げられていた“大仁田劇場”が好きになった。『ガチンコ!女子プロ学院』(TBS系)を見て、企画の全面バックアップをしていたLLPWに履歴書を送付したこともある。

 高校卒業後、地元のスーパーに就職したが半年で退職。19歳で仙台の国分町でキャバクラ嬢に転身したところ、ナンバー1に。2011年3月の東日本大震災を機に上京し、歌舞伎町に進出。「蘭〇」では1日最高29卓被り、バースデー月指名500組、3年連続シャンパンタワーを達成。その後に入店した「ルシアン」「オレンジテラス」では1ヵ月でナンバー1に就くなど、絶大な人気を誇った。

 ところが、キャバクラ嬢としての夢がかなうと同時に、子供の頃からの夢だったプロレスラーへのあこがれが強くなっていた。そんな折、そのウワサを聞きつけたCyberFight高木三四郎社長と共通の知人を介して出会い、一念発起でキャバクラ嬢を卒業。6月から同団体の練習生として、個人指導を受け、約1ヵ月前から合同練習に参加していた。今後は会場でセコンド業務なども行うため、今回正式な練習生としてお披露目されることになった。

 リアラは「すごい充実した4ヵ月でした。数日前、高木社長から正式に練習生というお話をいただいて、夢がかなう寸前になり、感謝の気持ちでいっぱいです」と殊勝に語った。

 高木社長は「歌舞伎町でナンバー1を取るのはなかなかできないことだと思う。もともと頂点を極めた人は、どのジャンルでも頂点を極めることができるという考えをもってます。頂点を極めるというのは理屈じゃなくヤル気と情熱、頂点を極めるためにどうすればいいかというモチベーションがポイントになってくると思う。彼女はそれをもってる人だと思ってます。タレントさんとかアスリートの方とか、プロレス界を志す人が増えてるなか、こういう方がいてもいいんじゃないかと。もちろんやるからにはゼロからやってもらいますと伝えてますし、彼女もそのつもりで快い返事をいただきましたので、プロレス界でもナンバー1を目指してほしいと思います」と話した。

 リアラによると、きっかけになったのが新日本プロレスでの“大仁田劇場”で、nWoを好きになり、小4での初恋の相手が天山広吉で、現在も天山があこがれの人だという。

 その大仁田厚はDDTプロレスにも定期参戦しており、高木社長とも友好関係にあるが、将来的に「大仁田さんと電流爆破をやらせていただけるんであれば、全力でやりたいです」とヤル気満々。高木社長も「ちゃんとデビューして、それなりにいけると思ったら、大仁田さんに推薦させてもらいます」と後押しを約束した。

 自身の武器について、リアラは「キャバクラ嬢のときも武器だったんですけど、オッパイで技をつくれれば。そういう技を使っていきたい」と仰天発言。オッパイ技といえば、元東京女子プロレスののの子さんが「オパイェ」「ボインメーカー」といった豊乳を武器にした技で同団体を席巻したことがあるが、その再来も期待できそうだ。

 気になるデビュー時期に関して、高木社長は「まだまだ時間はかかると思ってます。すぐにとはいかないと思います。本人がゼロから、セコンドからやりたいということで。長い目で見てください」と明言は避けた。

 最後にリアラは「プロレスラーになったら、もっと一般の人にプロレスを広げて、私がプロレス界を盛り上げる自信があります。“何だよ、コイツ”と思ってる人も3年後、4年後、私を見ててくれれば必ず達成しますので見ていてください」と豪語。

 高木社長とのフォトセッションが終わると、同団体の大家健代表が現れ、「正式に練習生になって、夢がかなう寸前?プロレスはそんな甘いもんじゃねぇ。ゼロからやるんだろ。だったら、なんだそのドレス、そんなの着てんじゃねぇ!」と練習生Tシャツを手渡した。

 着替えてきたリアラは改めて大家代表と記念撮影に臨み、会見は終了した。

▼会見の様子はこちら

〈写真提供:ガンバレ☆プロレス〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加