【大日本】BJW認定世界ストロングヘビー級、最後の前哨戦は橋本が勝利!<10.5弘前>

大日本プロレスは10月5日(水)、弘前・河西体育センター大会を開催。

メインイベントは、10.10札幌大会で行われるBJW認定世界ストロングヘビー級王座・岡林に橋本が挑戦する最後の前哨戦。
岡林裕二・菊田一美に神谷英慶・橋本大地が挑み、橋本がバックドロップからのエビ固めで菊田から勝利した。

橋本は「タイトルマッチはあるけど、タッグなんだからタッグでまず勝つことから始めないとだめでしょ。今日のテーマはタッグ。完全勝利。それ以上はない。」と語った。

それに対し、岡林は「悔しい。負けたけど、菊田頑張った!だけど負けは負け。切り替えてタイトルマッチで防衛する。切り替えが大事!10月10日は大地を倒して防衛します。力こそパワー!ピッサリ!!」とコメントした。

 

【大会名】弘前・河西体育センター大会
【日時】2022年10月5日(水)18:00 開始
【会場】青森・河西体育センター
【観衆】240人

【試合結果】

▼メインイベント タッグマッチ 
30分1本勝負
岡林裕二 菊田一美● VS 神谷英慶○ 橋本大地
16分21秒 バックドロップ→エビ固め

▼セミファイナル シングルマッチ 
30分1本勝負
中之上靖文○ VS 鈴木敬喜●
11分0秒 ダイビングエルボードロップ→片エビ固め

▼第3試合 タッグマッチ 
20分1本勝負
野村卓矢 青木優也● VS 関本大介○ 加藤拓歩
11分2秒 アルゼンチンバックブリーカー

▼第2試合 タッグマッチ 
20分1本勝負
伊東竜二 “黒天使”沼澤邪鬼○ VS 橋本和樹 星野勘九郎●
10分30秒 ラストライド→体固め

▼オープニングタッグマッチ 
15分1本勝負
アブドーラ・小林○ 谷口裕一 VS バラモンシュウ バラモンケイ●
7分46秒 横入り式エビ固め

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加