大谷晋二郎が故・猪木さんへのメッセージを発信

「プロレスを背負い様々な世界に立ち向かった猪木さんこそ、誰よりも『プロレスの力』を信じておられたのだと思います。」(大谷)

大谷晋二郎が4月10日以来の姿を見せた。

「熱いプロレスファンの皆様、そして熱いプロレス業界の皆様。

僕は日々、リハビリに励んでいます。
そして、先日約160日ぶりに自分自身のスマートフォンを開くことができました。
そこには、プロレス界の優しさとあたたかさが溢れていました。

僕に手を差し伸べてくださった皆様、本当に心の底からありがとうございます。

今後は、できる限り皆様に「今」の僕の思いを直接お伝えさせていただきたいと思います。

2022年10月1日 大谷晋二郎」

大谷選手は8月中旬にリハビリに専念できる体調になったので、都内のリハビリ専門病院に転院しました。

現在も首から下は麻痺状態で動かすことはできません。
毎日2時間〜3時間のリハビリメニューを必死に取り組んでいます。
病院は変わらずのコロナ対策です。
なのでまだ親族の面会しかできず、会社関係者、選手とも面会できていない状況です。

ですが、本人の希望と病院側のご配慮により、アゴでスマートフォンの操作ができる環境を作っていただきました。
今後は、本人の想いを「大谷晋二郎公式Twitterアカウント(@otani_shinjiro)」にて発信させていただきます。

そして、憧れの師であられましたアントニオ猪木氏へもメッセージを贈らせていただきました。
「小学二年生の時、『アントニオ猪木 vs スタン・ハンセン』戦をテレビで観た瞬間、僕の人生は決まりました。

アントニオ猪木に憧れてプロレスラーを目指し
アントニオ猪木に憧れてプロレスラーになりました!
プロレスを背負い様々な世界に立ち向かった猪木さんこそ、誰よりも『プロレスの力』を信じておられたのだと思います。

多くの人達から頼られ、常に期待されるプロレス人生のプレッシャーは、想像を絶するものだったと思います。

それでも最後まで闘い続け、多くの人達に勇気を与えて下さった猪木さん。

本当にありがとうございました!!
そしてお疲れ様でした。
心からご冥福をお祈りいたします。」

今後とも、大谷晋二郎ならびにプロレスをよろしくお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加