【DDT】遠藤哲哉、吉村直巳ら「D王」出場選手が次々に優勝宣言!佐々木大輔とKANONは決勝での同門対決を誓う

 DDTプロレスが10月23日、東京・後楽園ホールで「God Bless DDT 2022」を開催。シングル最強決定リーグ戦「D王 GRAND PRIX 2022」(11月1日、後楽園で開幕)に向け、出場する各選手が優勝を宣言した。

 第5試合で、「Road to D王GPスペシャル6人タッグマッチ」として、吉村直巳、火野裕士、クリス・ブルックス組が遠藤哲哉、MAO、納谷幸男組と対戦。6者が入り乱れた目まぐるしい攻防となったが、攻め込んだ納谷をクリスがロールアップで丸め込み3カウントを奪取。

 試合後、勝ったクリスが「今年のD王優勝します」と言えば、吉村、火野、遠藤とMAO、納谷の順にD王優勝をアピール。バックステージでもノーコメントだった火野を除いて、5人が優勝を口にした。

 また、第2試合ではダムネーションT.Aの佐々木大輔、藤田ミノル、MJポー、KANON組が勝俣瞬馬、小嶋斗偉、赤井沙希、岡谷英樹組と激突。混戦のなか、KANONがスリーピー・ホロウで小嶋を沈めた。

 佐々木は「俺の大嫌いなD王が始まる。今年の俺はいつもと違うぞ。必ず、ちょっくら優勝してきます。KANON、俺は確実にこっちのブロックを勝ち上がる。決勝で会おう!」と発言。佐々木とは別ブロックで出場するKANONは「佐々木さん、ちゃんと勝ち上がってきてください。D王はダムネーションT.Aの色になる。佐々木大輔とKANONの決勝、オマエら見逃すなよ」とアピールし、バックステージでは「Aブロック・佐々木さん、Bブロック・KANON。必ず勝ち上がって実現させましょう。優勝するのは俺です」とボスの前で意気込んだ。

 そのほか、KO-D無差別級王座を防衛した樋口和貞、DDT UNIVERSAL王座を守った上野勇希もD王に向け闘志を燃やし、し烈なリーグ戦になりそうだ。

【大会名】God Bless DDT 2022
【日時】2022年10月23日(日)
【会場】東京・後楽園ホール
【観衆】701人(超満員札止め)

▼ダークマッチ フェロモンズvs高木軍完全決着戦FINAL~解散コントラ1日社長!2vs5ハンディキャップマッチ 時間無制限一本勝負
飯野“セクシー”雄貴&○男色“ダンディ”ディーノ with 今成“ファンタスティック”夢人 vs 高木三四郎●&大鷲透&大石真翔&アントーニオ本多&彰人
7分39秒 片エビ固め
※飯野のCyberFight1日社長就任が決定。

▼オープニングマッチ 須見和馬デビュー戦 30分一本勝負
○平田一喜 vs 須見和馬●
8分48秒 逆エビ固め

▼第二試合 30分一本勝負
佐々木大輔&藤田ミノル&MJポー&○KANON vs 勝俣瞬馬&小嶋斗偉●&赤井沙希&岡谷英樹
12分8秒 片エビ固め
※スリーピー・ホロウ

▼第三試合 スペシャルタッグマッチ 30分一本勝負
HARASHIMA&●正田壮史 vs 高尾蒼馬&町田光○
10分56秒 片エビ固め
※居合パンチ

▼第四試合 スペシャル6人タッグマッチ 30分一本勝負
秋山準&岡田佑介&○高鹿佑也 vs 西村修&川松真一朗&石田有輝●
10分39秒 トライアングルランサー

▼第五試合 Road to D王GPスペシャル6人タッグマッチ 30分一本勝負
吉村直巳&火野裕士&○クリス・ブルックス vs 遠藤哲哉&MAO&納谷幸男●
15分22秒 ロールアップ

▼セミファイナル DDT UNIVERSAL選手権試合 60分一本勝負
<王者>○上野勇希 vs 竹田“シャイニングボール”光珠●<挑戦者>
15分24秒 片エビ固め
※WR。第8代王者が2度目の防衛に成功。

▼メインイベント KO-D無差別級選手権試合 60分一本勝負
<王者>○樋口和貞 vs 坂口征夫●<挑戦者>
16分12秒 片エビ固め
※ブレーンクロー・スラム。第79代王者が4度目の防衛に成功。

〈写真提供:DDTプロレスリング〉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加