【“反逆の虎”間下隼人インタビュー】『自分が一番ストロングスタイル』虎になれなかった男・“初代タイガーマスクの二番弟子”がベルト奪還へ向け気炎!

【至宝奪還に待ったなし!“反逆の虎”間下隼人インタビュー】

『自分が一番ストロングスタイル』、虎になれなかった男・“初代タイガーマスクの二番弟子”間下隼人がベルト奪還へ向け気炎!

ジャガー横田が殻を壊し10・30王座取りへ!

2007年に“初代タイガーマスク”佐山サトルの弟子としてデビューした間下隼人は、兄弟子たちの後ろに隠れNO.2のまま15年が経過。

しかし団体の至宝であるレジェンド王座が真霜拳號に流出すると、自ら奪還に名乗りを上げた。
 
自団体のベルトだけではなく、真霜の持つ2AW無差別級王座にも名乗りをあげ、目前に迫る10月30日2AW千葉大会ではダブルタイトルマッチへと発展。

殻を破って主役に躍り出た間下はどのような思いで真霜と向かい合うのか?

虎の遺伝子に誇りを持つ間下にその思いを聞いた。

『GRAND SLAM in TKPガーデンシティ千葉』
日程:10月30日(日)
会場:千葉・TKPガーデンシティ千葉
開始:13:00

▼2AW無差別級&レジェンド・チャンピオンシップ ダブル選手権試合
【王者】真霜拳號(2AW
vs
【挑戦者】間下隼人(ストロングスタイルプロレス

■ベルトはリングの下からセコンドとして後ろから見るものってイメージでした

――デビューして十数年、(レジェンド王座)ベルトとはあまり縁がありませんでしたが、ご自身の団体のレジェンド王座をどのような目で見ていたのでしょうか

「なんかずーっとセコンドで見ているもので。正直、初めは『巻きたいな』って思っていたんですけど、『縁はないんだろうな』ってどこかで諦めに近いものがあったので。今は巡り巡って、去年スーパー・タイガーと闘ったときにあと一歩まで行って、今年こうやって目の前にあるっていう。佐山先生が設立したベルト、団体の象徴でもありますが、船木誠勝さん、関本大介さん、大谷晋二郎さん、藤田和之さん、スーパー・タイガーと、業界的にもストロングスタイルを作って守ってきた人たちのベルトなので。真霜選手もそれにふさわしい選手だと思いますし、取り返すのは自分しかいないなという気持ちですね、今は」

――レジェンド王座に限らず、ベルトへの思いというのはこれまであったのでしょうか

「UWA(アジアパシフィックヘビー級王座)は巻いていましたが、レジェンドチャンピオンシップというのは……。他団体のベルトにしても、そこにたどり着いていないというか、ベルトというものにあまり縁がなかったので。ホントに。前にアジアパシフィック巻いたときは嬉しかったですけど、どうしてもレジェンドの方が格上というイメージは拭いきれなかったので。それで僕も将軍岡本選手に負けているので、それは心残りではありますけども。レジェンドは、崇高というか、かなり上の位置……リングの下から、セコンドとして後ろから見るものっていうイメージのものでしたね」

――プロレスラーとして目指す頂点、目標というものはどこにあったのでしょうか

「今はベルトを取り返すこと。それで去年果たせなかったスーパー・タイガーを倒すことが、団体のトップ・象徴だと思うので、そこが目標ですね。真霜選手を超えていかなくちゃいけない」

――ストロングスタイルというものについてのイメージは

「やはり、最近は無くなりつつある言葉だと思うんです。この間、アントニオ猪木会長が亡くなられてからまたピックアップされている言葉だと思うんですけど、本当に強い人、ケンカが強い人、心が強い人がやるプロレスというか、ホント強い人が闘う、ホントまんまのストロングスタイルってイメージが強かったんで、どうしても僕はそこに踏み切れてなかった部分があります。ここ1~2年は、自分の中のストロングスタイル、様々な形がある中で自分にしかできないストロングスタイル、この前の会見でも言ったんですけど、自分が一番ストロングスタイルだと思ってる最近は試合をしています」

■このまま良い子ちゃんで『スーパー・タイガーの後ろにいる目付きの悪い人』で終わる訳にはいかない

――ベルトを獲られたときから入場曲を変えられた(悪童会『クソッタレ行進曲』)と同時に、試合のスタイルも少し変わりました。これはどういった心境からでしょうか

「確か解散している方たちで自分もそんなに知っていた方ではなかったんですけど、自分に合っているなと思って。そこで多分“反逆”というテーマが出来てきたので。スーパー・タイガーって、完全な善玉というかベビーじゃないですか。となると、やっぱりそのスーパー・タイガーのレジェンド王座に挑戦していく前とか、スーパー・タイガーと組んでいた時期が8ヶ月くらいあったんですけど、ずっとNo.2というか。それで『このままじゃダメだ』『自分を変えなきゃ』と思って“反逆”“反抗する”って気持ちで変えました」

――その反抗心というのは、団体やスーパー・タイガー選手に対してではなく、自分の心に対してのもの?

「そうですね。振り切らないと、殻を破らないと、このまま良い子ちゃんで『スーパー・タイガーの後ろにいる目付きの悪い人』で終わる訳にはいかないなという思いもあったので、殻を破りたい気持ちは大きかったですね」

――スーパー・タイガー超えを目指す中で、そのスーパー選手を真霜選手が倒してレジェンド王座を戴冠しました。真霜選手に挑戦表明したのは、目標とするスーパー選手を先に倒されたからなのか、ベルトを自団体に取り戻したいからなのかで言えばどちらでしょうか

「どっちもですね。なんだろうな、真霜選手の話になると、元々プロレス界的にも有名な方ですし、あの方は結構ストロングスタイルだと思っていたんですよ。スーパー・タイガーはどう思ってるかわからないけど、僕が目指さなきゃいけないタイプだと思うんですよ。ストロングスタイルを謳っていく上で。あの人に弱いイメージ無いじゃないですか。強いし、端正な顔立ちだし、スゴい体つきをしていて、多くは語らない武士みたいな佇まいで……。『只者じゃない!』って思わせる圧迫感があって、実際に只者ではない。蹴りも出来て、投げも出来て、関節も出来る。メインはスーパー・タイガーと真霜さんだったので僕自身はそんなに絡みは無かったんですけど、やってて1つ思ったのが、頭がメチャクチャいいなと。頭の回転というか、プロレス・闘いに対する構成力というか。顔には出さないようにしてましたけど、『この人只者じゃないな』っていうのは強く心に思っていました。あのときもスーパー・タイガーのサポートをするつもりで闘ってたんで、総合力では勝てましたけど、実際にベルトをかけた闘いではスーパー・タイガーが負けましたから、上回った部分は多分プロレス力・人間力でしょうね。強いですよ、ホントに」

――真霜選手は、挑戦表明を受けたときに『お前はスーパー・タイガーより強いのか?』と問いかけ、間下選手は少し迷ってから『自分のほうが強い』と答えました

「ありましたねぇ。『イヤなこと聞くなあ』と思いましたね(笑)そういう部分も含めて、あの場でそういうことが聞けるっていうのがスゴいですよね。真霜さんは多分僕のことなんてよく知らなくて、“スーパー・タイガーの隣りにいるチンピラみたいな奴”くらいに思ってたと思うんですけど、僕ら2人の関係を見抜いて投げてきたんだと思います。あの時点で『あっ、先手を取られたな』って思いましたね。でも、意を決して。実際にスーパー・タイガーと喧嘩したら勝てはしないかもしれませんけど、あの人にない部分を僕は持ってると思って、『スーパー・タイガーよりも強い』と。その言葉もまあ上手く返されちゃったんですけど、アレはホント、アレでしたね。『イヤな質問するなあ』と思いましたね(笑)」

➡次ページへ続く

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

Pages 1 2 3