【新日本】カール・アンダーソン来日拒否によりNEVER無差別級選手権は開催中止を発表

新日本プロレスは11月5日(土)、大阪府立体育会館大会にてヒクレオとのNEVER無差別級王座防衛戦を予定していた王者カール・アンダーソンがWWEに電撃登場し、新日本プロレスの大阪大会への出場を一方的にボイコット宣言を行った。

これに対し、新日本プロレス側は「会社側と同意したタイトルマッチを反故にした場合には、会社にNEVER無差別級王座の返上、同ベルトの返還を速やかに行うことを要求いたします。」と声明を発表していた。

10月31日になってもカール・アンダーソンからの返答が無いことで、やむなく11月5日大阪大会でのNEVER無差別級選手権は開催中止を発表。

これにより11月5日大阪大会の一部カードが変更となり、ヒクレオは対戦アピールを行った高橋裕二郎とのスペシャルシングルマッチが決定した。

▼詳細は団体HPにて
https://www.njpw.co.jp/387062

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加