【FMWE】「最後に棺桶に入るのは大仁田、お前だ!」12.11対戦カードにミスター・ポーゴが苦しい胸の内を吐露

FMWE第7戦2022年最終戦〜Keep Your Heart Burning〜
2022年12月11日(日)12時開場/13時開始
横浜・鶴見青果市場

ミスター・ポーゴ(シャドウWX)が難色を示している。

FMWEは2021年の旗揚げより、これまでホームリングの爆破アリーナ(鶴見青果市場)で6戦を開催した。

その旗揚げ戦メインイベント終了直後に会場に乱入し、火炎攻撃で大仁田の背中に容赦なく炎を浴びせ宣戦布告して以来、大仁田厚とミスター・ポーゴの因縁の対決は続いてきた。

しかしこのところ大仁田は新たな対戦相手として「無我」に狙いを定めている。

以前大仁田は無我について、「イデオロギーも戦い方も、すべてが異なる存在。」と語り、相容れない者に対する興味を見せていた。

約1年ぶりのホームリング開催となる第7戦でも、ダブルメインイベント2試合目を、大仁田は「無我VS邪道」の最終決戦と位置づけた。

これに不快感をあらわにしたのがミスター・ポーゴだ。

「あいつとの決着はまだついていない。あいつは俺の火炎攻撃で火傷してから、逃げているんじゃないか?」と大仁田を嘲笑すると、「俺の戦う相手は大仁田厚ただひとりだ。あいつのために棺桶を用意した。なぜ対戦させない?FMWEオフィスは一体なにを考えているんだ?」と苛立ちとともに語った。

ミスター・ポーゴは12.11FMWEのために、新たに棺桶を用意したという。

ダブルメインイベント1試合目で行われる「地獄の棺桶爆破」とは、リング内に設置された棺桶の中に選手を閉じ込め、炎により着火すると棺桶が爆発して大ダメージを与える仕組み。

棺桶に閉じ込められるまでの攻防と、棺桶を爆破するという奇想天外な決着が見ものだが、ミスター・ポーゴはどうしても大仁田を棺桶爆破に沈めたいというのだ。

ポーゴは最後に「決まっちまった対戦カードは受けてやるよ。だがな、12月11日俺が勝ったら、次は必ず大仁田と棺桶爆破で対戦させろ!いいな、わかったな!」と息巻いた。

果たしてポーゴの念願は叶うのか?ポーゴの打倒・大仁田に向けた第一関門、12月11日のダブルメインイベント1試合目に注視したい。 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加