【JTO】ウナギ・サヤカとAoiが共に行動へ!Aoi「あなたとだから新しい自分を見れる」

プロフェッショナルレスリングJUST TAP OUTは4日、後楽園ホール大会『乱』を開催。『ギャン期』突入を宣言したウナギ・サヤカは稲葉ともかに敗れるも試合後にまさかの展開となった。

試合はウナギコールが起こり、場外戦やエルボー合戦などでぶつかる中、最後は稲葉が一撃必殺ともか蹴り改にてウナギから3カウントを奪った。

試合後にパートナーであるAoiがリングに上がるとまさかのウナギのもとへ。二人が一緒にリングを後にし稲葉が呆然としていると、プロミネンスの鈴季すずと藤田あかねが登場、握手をするふりを見せて稲葉にビンタを見舞った。するとここに山縣優が助けに入り稲葉とのタッグで11.29アオトモ興行で鈴季と藤田を迎え撃つこととなった。

バックステージにAoiと一緒に姿を見せたウナギは「なんで?」と問うと「ずっと自分はともかさんと、ホントに誰よりも仲が良くて。リングの上でも下でも、ずっと一緒にいたんですけど。いつまでも自分はともかさんの後ろを追ってばっかりで、ともかさんを超えたいのに、ともかさん以上に経験も何も積んだことがなくて、それがずっと悔しくて。そんな時にウナギさん、あなたと試合(10.7)して。自分は今までに見たことない世界を見せてもらいました。あなたとだから新しい自分を見れるって、自分は決心したんです。だから、自分はウナギさんについていきたいです」と答えた。

これにウナギは「Aoi、気持ちは嬉しいけど、手を引くつもりは欠片もないけど大丈夫?」これにAoiは「引かれなくてもいいです。自分がウナギさんについていきます」

するとウナギは「ウナがギャン期に入って、ずっと1人でリングに立って。今日Aoiが横に並んでくれて正直、めちゃくちゃ嬉しかった。でも、ともかを超えたいなら、私はJTOでTAKA(みちのく)をも超える一番になってもらわねえとウナの横なんか立たせねえからな」Aoi「なります。絶対になってみせます!」

これを聞いたウナギは「なんか、仲間増えたー!よろしく」と抱擁して笑顔を見せた。

果たして、ウナギとAoiが今後、どのような行動に出るのか。稲葉との関係がどうなっていくのかが注目である。

関連記事:【ウナギ・サヤカ】<インタビュー①>5★STAR GP2021とCOSMIC ANGELSの絆について(2021年)

関連記事:【ウナギ・サヤカ】<インタビュー②>フューチャー・オブ・スターダムで査定試合を行う理由と傾奇者の由来、ウナギにとってのスターダムとは?(2021年)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加