【新日本】海野翔太が突如姿を現しオスプレイに挑戦表明!11.20有明で新時代到来なるか!?

新日本プロレス11月5日(土)、大阪・大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪)で『バトル・オータム ’22』最終戦のメインで行われたIWGP USヘビー級選手権(王者)ウィル・オスプレイvs(挑戦者)内藤哲也の試合後、勝利を収めたオスプレイが11月20日、有明大会での防衛戦をアピールし、次期挑戦者を募るとそこに現れたのは、海外武者修行中の海野翔太であった。

突然現れた海野はオスプレイにデスライダーをお見舞い。USヘビーのベルトを掲げ無言の挑戦表明を行った。

海野は試合後バックステージに戻ると「まずは、ただいま帰りました。去年と先月、オスプレイに負けているので日本まで追いかけてきました。自分はいつでも準備ができているので、いつでもどこでも、タイトルマッチを組んでください。東京ドームでやらせてくれなんて言いません。オスプレイが望むんであれば、(11.20)有明でお願いします」と改めて次期挑戦者に名乗りを上げた。

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加