【新日本×スターダム】“イケメン逸材タッグ”棚橋&林下が後藤&舞華に勝利「こういうのがまたプロレスを進化させてくれるんだと思う」

▼試合後バックステージコメント

棚橋「凄えいい刺激をもらいましたよ。やってて本当に目の前に広がる景色が常に新しくて、横に詩美選手がいる。こういうのがまたプロレスを進化させてくれるんだと思う。今は新日本プロレスもスターダムも、応援してくれるファンのみんなって若いと思うんだよね。そういった世代はなんの壁もなく目の前のプロレスを楽しんでくれたんじゃないかなと思います」

林下「本当に新しいスターダムさん……間違えた。スターダムと…」

棚橋「スターダムは君!」

林下「そうですね。私でした(笑)」

棚橋「(自分を指差して)スターダムさん、(林下を指差して)新日本さん」

林下「はい…(笑)。今日はスターダムと新日本さんの新しい第1歩ということで、3つのミックスドマッチがあったわけですけど、その中でもこの試合、その中でも特に林下詩美と棚橋弘至さんのイケメン逸材タッグが輝いていたんじゃないかなと思います。とても初めてとは思えないぐらい意思の疎通が、やっぱりイケメン同士だからか取れてしまって、今日で終わるにはもったいないなと思うので、また何かの形で一緒にできたらなと思います」

棚橋「今日の有明の試合の結果を受けて、ルール的な部分で今回は男子vs男子、女子vs女子での闘いが基本になりましたけど、ルールを緩めてはいいんじゃないかなってね。僕の感覚でね、思いますけど、そのへんをフレキシブルにやっていけるのがプロレスというジャンルの一番面白いところだから。次、またあると信じて。次、また組みたいなあ」

林下「是非!」

棚橋「次も組みたいけど、闘いたくもあるな」

林下「ああ! イケメン対決ですか?」

棚橋「イケメン対決だったら、俺はだいぶ髪型で誤魔化してるところがあるから(笑)」

林下「私は顔も髪も仕草も全部イケメンなんで」

棚橋「まあでも本当にね、今日も勝てたし、いいスタートを切れたし、コロナ禍っていう状況ではあるけれども、その中で知恵を絞って皆さんに、ファンの方に喜んでもらえる大会を、そして試合をっていう思いは新日本もスターダムも変わらないんで、これからも頑張っていきましょう。ありがとうございました」

林下「ありがとうございました!」

後藤「女子とタッグを組む。新日本プロレスも新時代に突入したなという気がしますね。ただ、1歩踏み込んだからにはここで終わりたくないですね。今日の舞華さんとのタッグ、ここから始まると。(ここで舞華が拍手をしながら入って来ると)ありがとうございました」

舞華「よくぞ言ってくれました。ちょっと負けちゃったけど、見てました?」

後藤「見てましたよ」

舞華「棚橋弘至、ぶん投げてましたよ」

後藤「ぶん投げた。次に繋がる1発だったと思うよ」

舞華「次があるように、今日は早めに帰って、早めに寝て、明日タッグ名考えておきましょうか?」

後藤「はい……」

舞華「早めに消灯しますんで、私も。おやすみなさい。ありがとうございました」

後藤「……消灯!」

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

Pages 1 2