【ノア】小島が中嶋と30分ドローの激闘を展開!昼夜2試合を行った小島「プロレスラーでいる以上、体が動く以上、こうやって元気よく生きてやる」


©️NOAH

プロレスリング・ノアは12月18日(日)、東京・新木場1stRINGにて『金剛興行 DIAMOND 5』を開催。

第4試合 は中嶋勝彦は小島聡とシングルマッチで対戦し30分フルタイムドローとなった。

小島は昼夜2試合を行いタフネスぶりを見せつけた。

対する中嶋も切れのあるキックを武器に小島をギリギリまで追い込んだ。

『金剛興行 DIAMOND 5』
日程: 2022年12月18日(日)
開始: 17:30 開場:16:45
会場: 新木場1stRING
観衆:288人(札止め)

<試合結果>

▼第4試合 シングルマッチ
中嶋勝彦 △
vs
小島聡△
30分00秒 時間切れ引き分け

■試合後バックステージコメント

小島「勝彦と俺は17学年、年が離れてる。あいつは確かオカダ(・カズチカ)と同い年だろ。だから今35歳か。今年35になるのかな。自分の17年前は本当にもっと元気だったぞ。なあ、年齢のこと言ってもどうにもなんないけど、勝彦、お前が今から17年後、元気よく試合ができるか? 人は必ず年を取ってしまう、年齢を重ねてしまう。だけど俺はそういう思いに、絶対にそういう感情に負けたくない。だからこうやって今も頑張ってる。俺のためだけじゃねえよ。日本中にいる、いや世界中にいる1970年生まれにメッセージを送ってんだ。年齢とか、そんなのある意味関係ないんだけど、関係なくたって関係あるだろ。生きてんだから。みんなそうやっていろんな葛藤を抱えて生きてきてんだよ。だからこそ俺は今から17年後にも、まだ元気よく。俺、確か17年後、藤波さんの年齢になるんだよ。そしたらまたいろんな夢も希望も持てるだろ。プロレスラーでいる以上、体が動く以上、こうやって元気よく生きてやる。ありがとうございました」

中嶋「小島聡、昼もやってるんでしょ。すげえスタミナだね。スタミナには俺も自信ある。今日は何だろうな。小島聡というキャリアの厚みとか、小島聡というレスラーとしての思い入れで引き分けまで持っていかれた。でもさ、そんなことより久しぶりの金剛興行で、しかも声援ありでできたことの方が、結果よりもそっちのほうが嬉しいな、俺は。また来年も金剛らしく熱い信念をもって突き進むだけだ。しっかりと俺から目を離すなよ」

<写真提供:プロレスリング・ノア>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加