【スターダム】プロミネンスが大江戸隊からアーティスト王座奪取!「トライアングルダービー優勝してやりますよ、このベルト持ってね」

女子プロレス・STARDOMは29日、年内最終戦となるビッグマッチ『STARDOM DREAM QUEENDOM 2022』を両国国技館にて開催した。

第6試合にてアーティスト・オブ・スターダム選手権試合、王者の大江戸隊・鹿島沙希&スターライト・キッド&渡辺桃とハードコア&デスマッチ女子プロレスユニット「プロミネンス」の世羅りさ&鈴季すず&柊くるみが対戦した。

大江戸隊が自転車やスチール製のゴミ箱、有刺鉄線バットなどを持ち込み攻め込むも、やはりプロミネンスのテリトリーであるハードコアマッチともあり、竹刀、椅子を使った攻撃などで応戦。

コーナーに世羅を貼り付けると3人連続で自転車を立てかけドロップキックをお見舞い。

有刺鉄線バットと竹刀の対決は世羅が見事に胴を決める。

渡辺がゴミ箱をゴミ箱をかぶせてバットをフルスイング。

大江戸隊が狙ったテーブル攻撃も柊がカットして、逆に鈴季が鹿島をファイヤーサンダーでテーブルクラッシュで追い込む。

柊がラリアットでキッドと渡辺を排除。

鹿島が起死回生で逆転を狙うも世羅の竹刀でカットされ、鈴季が鹿島をジャーマン・スープレックス・ホールドで沈めてベルトを奪取した。

バックステージに意気揚々と戻ってきたプロミネンスは鈴季が「おいおいおいおい、見たか大江戸隊。これがプロミネンスだよ。ウチらね、ハードコア、デスマッチ、命懸けてやってんだよ。お前らがプロレスに命懸けてるのと同じ。ウチらもこれに命懸けてんだよなっ?」

世羅「OK、そうだその通りだ。ナメてんじゃねえぞ。ハードコアもプロミネンスも。またやってあげてもいいけどね」

鈴季「うん、面白かったしね。よし、これからプロミネンス、このスターダムのアーティストのベルトを防衛しまくって、そして1月3日から始まる…」

世羅「トライアングルダービー」

鈴季「それ!うちらこの3人で完璧でしょ」

世羅「優勝してやりますよ、このベルト持ってね」

鈴季「見とけよスターダム」

JRA中山競馬場 presents STARDOM DREAM QUEENDOM 2022
日時:2022年12月29日(木)第0試合開始 4:20PM本戦開始 5:00PM
会場:東京・両国国技館
観衆:3,869人

▼アーティスト・オブ・スターダム選手権試合/ハードコアルール
《王者》●鹿島沙希&スターライト・キッド&渡辺桃 (大江戸隊)
vs
《挑戦者》世羅りさ&○鈴季すず&柊くるみ(PROMINENCE)
15分54秒 ジャーマン・スープレックス・ホールド

【スターダム】ジュリアが朱里との時間切れ間際までもつれる死闘を制してワールド王座初戴冠!「私がひっかきまわして、大きな会場をお客さんで埋め尽くしてやるから」

【スターダム】白川未奈が復帰戦で勝利もウナギ・サヤカと決別!クラブビーナス結成「自分の勢力を拡大するためにこの道を選んだ」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加