【ノア】全日を退団したジェイク・リーが登場!バックステージで稲村が迎撃へ名乗り

プロレスリング・ノアは1月1日(日)、東京・日本武道館で『ABEMA presents NOAH “THE NEW YEAR” 2023』を開催。

『ABEMA presents NOAH “THE NEW YEAR” 2023』
日程: 2023年01月01日(日) 開始: 16:00
会場: 東京・日本武道館
観衆:9,500人(札止め)

第6試合のティモシー・サッチャーとジャック・モリスの試合終了後、昨年末で全日本プロレスを退団したジェイク・リーが突如コスチューム姿で登場した。

勝者となったジャック・モリスが勝ち名乗りを受けるとジェイクはリングに近寄り、モリスに向かってファイティングポーズ。

身構えるモリスであったが、両者は笑顔で握手。

今後の共闘を示唆した。

そして試合後のバックステージでジェイクは「皆さん、あけましておめでとうございます。何か聞きたい事があってここにいるんじゃないですか?」と自らコメント。

続けて「多分一番聞きたいのは、何でこのリングに上がってきたんですかっていう質問だと思うので、もう答えちゃいます。オレはいろいろな奴と闘いたい、試合したいと常々言ってきた。だからここに来た。不服か、それだけじゃ」とコメントしていると、ここで稲村愛輝が割って入って来た。

稲村「正月からノアのリングに土足で上がって、何やってんだよ、何やってんだよ?色んな奴とレスリングしたいなら、俺とやれよ。俺がやってやるよ」と発言して場を去った。

そして再びジェイクが「だそうだ。彼はいい選択をしたと思う。なぜかわかるか?俺とやることで自分の注目度が上がるからだよ。記者さんたちだってそうだろ?俺がどこに上がるのか気になって気になってしょがなかったんじゃないか?だから彼はいい選択をしたと思うよホントに。だから彼だけじゃなくノアで闘ってる選手たち、今の俺はおいしいぞ。俺と闘ったらもっと注目を浴びるぞ。そして俺はいつまでもここにいるわけじゃない。それを、しっかりと入れておけ」とコメント。

元旦からサプライズ登場となったジェイクが2023年のノアマットに風雲急を告げる。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加