【新日本】H.O.Tから成田蓮を救出したのは鈴木みのる&デスペラード!試合後、共闘を呼び掛けるも成田は無言を貫く

新日本プロレスは、1月5日大田区総合体育館で『NEW YEAR DASH!!』を開催。

『NEW YEAR DASH!!』
日時:2023年1月5日(木) 17:00開場 18:30開始
会場:東京・大田区総合体育館
観衆:2,713人

第1試合では本間朋晃&タイガーマスク&成田蓮組と、EVIL&高橋裕二郎&ディック東郷組が対戦。

試合はHOUSE OF TORTUREが勝利し、試合後なおも成田を襲撃。

そこにまさかの鈴木みのるとエル・デスペラードが成田の救出に現れた。

<試合結果>

▼第1試合 20分1本勝負
成田 蓮
タイガーマスク
本間 朋晃 ×
vs
ディック東郷
高橋 裕二郎
“キング・オブ・ダークネス”EVIL 〇
8分28秒  マジックキラー→片エビ固め

■試合後バックステージコメント

※まず鈴木がニヤニヤしながらインタビュースペースに。その後、デスペラード、成田の順で現れる。

成田「オイ、HOUSE OF TORTURE! ふざけんなコノヤロー! ナメやがって! アイツら絶対潰してやるからな!」

鈴木「オイ、イーブー! イーブー! イーブー! そんな小っちゃいところによぉ、収まってんじゃねえよ! オイ、他の虫ケラども! テメーらまとめてぶっ飛ばしてやるぞコノヤロー! テメー、前のシリーズからよぉ、『WORLD TAG LEAGUE』じゃチョコマカチョコマカしやがってよぉ! ナメてんのかコノヤロー! あぁ!? (※デスペラードに)なぁ?」

デスペラード「まぁ鈴木軍はなくなっちゃったっすけど、だからって別に、無理矢理別の方向に進む必要もないわけで。ボス……いや、鈴木さんが言ってくれたようにさ、やりてぇことやってんだからそれでいいだろ。で……だ、“やりたいこと”で今、ふと思ったんですが、成田君、同じ方向を向いてんだったらさ、お互い頭数合わせるだけでもいいんじゃない? 別に“協力”はしなくていいんだよ。“共闘”がとりあえずできればそれだけでいいんだよ。まぁオマエがイヤだっつったら、別にこっちはどっちでもいいんだけどさ」

※成田は視線を落とし、無言を貫く。

デスペラード「悩んでそうだなぁ。俺は後で返事聞くよ(※と、先に立ち去る)」

※鈴木は笑みを浮かべて成田に視線を送る。成田はしばらく鈴木の方を見ていたが、無言のまま立ち去る。

鈴木「“ストロングスタイルの息子”なんだろ? 『SON OF STRONG STYLE』なんだろ? 日本のプロレス界で、先人が残したストロングスタイル、俺が全て持ってるぞ。(※立ち去りながら)考えれば分かるだろ……」

<写真提供:新日本プロレス>

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加