【新日本vsノア】大岩陵平&藤田晃生が矢野安崇&小澤大嗣との若手対決を制して新日本が戦勝!<1.21横浜アリーナ>

新日本プロレスプロレスリング・ノアは1月21日(土)、『WRESTLE KINGDOM 17 in 横浜アリーナ』で両団体による対抗戦を開催。

『WRESTLE KINGDOM 17 in 横浜アリーナ』
日時:2023年1月21日(土) 15:00開場 17:00開始
会場:神奈川・横浜アリーナ
観衆:5,533人

この対抗戦は新日本プロレスの1月4日東京ドーム大会でロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンがバックステージでコメントをしていると、突如プロレスリング・ノアの金剛が登場し、拳王が「あんなんで満足してんのか!あんな全然決着なんてな、ついてねえだろ!」と決着戦を要求したことをきっかけに昨年1月8日横浜アリーナに続き対抗戦が実現。

昨年は“6勝4敗1分け”で新日本に軍配が上がっている。

第0-1試合にて大岩陵平&藤田晃生vs矢野安崇&小澤大嗣が激突。藤田と矢野は昨年の対抗戦ではジングルマッチで引き分けていだか、藤田が小澤から逆エビ固めでギブアップを奪って新日本が先勝した。

藤田は「もっと潰し合いをしたかった」と述べると矢野に対して「シングルでお前からとってやるよ」、また大岩も「今日の結果が全てだよ。俺ら新日本プロレスが勝ってんだよ!」そして「矢野とシングルがやりたい。ぶっ倒したい」と対戦を要望した。

対抗戦関連記事はこちら
https://proresu-today.com/?s=%E6%96%B0%E6%97%A5%E6%9C%ACvs%E3%83%8E%E3%82%A2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加