【真霜拳號+米山香織インタビュー】お母さん無料!5.30 YMZ新木場大会に向けて、フリーダムインタビュー(最後にチケットプレゼント有)

――三試合目が佐藤光留さんですね。

米山:ひかるんは私と同い年で、同期なんですよ。同い年で同期ってなかなかいないんですけど、(全日本プロレスの)世界ジュニアヘビー級王座を二度目の戴冠、YMZではいつもコスプレマッチに出てもらっているので、お祝いに可愛い子を入れたコスプレマッチをやろうと思って、まこちゃん(真琴)とおはる(加藤悠)とロッキー(川村)さんを集めました。

真霜:ロッキーさんは可愛い?

米山:ロッキーさんは、佐藤光留の可愛い後輩ですから。

――ああ(笑)

米山:別に見た目が可愛いと言ってないので。チャンピオンだから、強いから、3対1でいいかな。でも、まこちゃんも五冠王だし、ロッキーもパンクラスのミドル級だから、実はみんな強い……。

――一応ご褒美マッチなんですね。

米山:はい、ご褒美マッチです。

真霜:ご褒美にしては、ハンディキャップってひどくないですか?

――佐藤光留さんが変態だから変態チックに?

米山:ベルトを二回も取ったのも、変態っていうところも、尊敬しています。その辺の変態じゃなくて、自他ともに認める変態ってすごいですよね!

――ド変態だけど(笑)

米山:素晴らしいと思います!

――二試合目は?

米山:日本初のジェンダーレスプロレスラー、プロレスリングWAVEの朱崇花が初参戦します。身体能力も高く、普段は女子と試合をしているけど、PSYCHOさんや新納刃さんとかと対戦してみるのが見たい。新しい朱崇花が見たいと思っています。

――男子プロレスラーたちとの戦いを経て、新たな自分が覚醒したら面白いですね。

米山:新納刃とライディーン鋼は「はがねはがね」。円華(まどか)さんが新納刃さんに改名した時に、「あー、もう円華さんじゃなくなったのかー……YMZに呼ぶことあるかなー?」と思ったんですけど、「はがね(刃)といえばはがね(鋼)じゃん!」ということで。

――改名したら呼び方は変えたりするんですか?

米山:あー……お客さんの前では…

真霜:全然定着してない。

――本人もまだ慣れないみたいですね。

米山:円華って名前、似合ってましたよね。円華ほど円華が似合う円華はいないというか

――中性的なイメージがあります。

米山:最近まで携帯電話で「新しい・納豆・刃」って変換してました。何度もやったから、最近は変換も覚えてきたんです。

――新納さんは演劇のトレーニングをしているらしいですよ。それでだいぶスイッチが入ってきて、今の自分がやりたかったことに近づいてきたということで。最近の魔界はプロレスラーのみなさんも吹き替えなしですけど、しゃべらないのは真霜さんと石川さんくらいじゃないですか?

米山:セリフが飛んじゃったら大変ですよねー。

――GAMIさんが志田光さんに「私は次の鶴姫だから早く代われ」ってせっついているようで(笑)

真霜:だいぶテイストが変わる。

米山:GAMIさん、自分を中心に設定を変えてしまいそう。

――話が飛んじゃいました(笑) オープニングマッチは?

米山:最初にシングル2分一本、もう一度2分一本勝負、そのあとにタッグマッチをやろうと思ってます。

――なかなか難しいですね。

米山:それって勝敗どうやって決まるんですかね?

真霜:自分でそのルール決めたんでしょ!

――あらためて、大会プロデューサーの見どころとしては?

米山:「お母さん無料」なんですよ!五月は母の日がありますから。受付で「わたしお母さんです」って言っていただければOKです!

――お子さんと一緒でなくても、お子さんがいなくてもいい?

米山:OKです!今は男の人でもお母さんっているじゃないですか。そういう方でも大丈夫です! 男性二人でお母さん担当の方でもいいし、ましもん「お母さん」って呼ばれているから……。

真霜:呼ばれてないです!

米山:「ママ」か!

真霜:認めてないし!

米山:「わたしお母さんです」って自信を持って言える方なら大丈夫です!そしてリングアナは鬼道丸さん。3月の「ゴキゲン春の陣」でも一度やってもらいました。売店には初日の出仮面と元JWPの春山(香代子)さんがいらっしゃいます。さらに新しいタオルも発売します!

米山:それと、ましもんからも見どころを軽く伺いたいんですけど……

真霜:何もないです。

――それじゃあ(笑) 真霜さんにとって、YMZはどんな場所ですか?

真霜:……よくわからないですね。いつも勝手にカードが組まれて、気付いたら何かやらされてる感が凄い。もともとそういう奴というところもあるけど、十嶋くにおがYMZの空気に浸食されたのか、なんか引きずり込まれてる感があるんですよ。プロデューサーの前でこんなことを言うのはなんですが、ありがた迷惑です!

――巻き込み事故(笑)

真霜:普通の試合を組んでくればいいのに……。

――課題感がある試合を与えられて(笑)

真霜:普通のシングルマッチでいいのに。

米山:……普通のシングルマッチって……なんですか?

真霜:コスプレをつけずに、普通に試合を組めばいいわけですよ。

米山:えー、そんな試合はYMZじゃないですよー。ありがた迷惑がってるましもんをみんなが喜んで見ているから、お客さんがゴキゲンになってくれるわけですよ。気づいたらいるって言ってたから、空気みたいな存在ですよ!「YMZは僕にとって空気みたいな存在ですかね……」って書いておいてください。

――「この空気感がファンをつかむ人気要素」って書いておきます(笑)

 

<次ページ:5.30ゴキゲン☆マーチ詳細>

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加

関連記事

Pages 1 2 3