【新日本】フィンレーがSANADAにリベンジ、GLOBAL王座初防衛!「外道、俺たちにはやるべきことがある。ビジネスについて話し合おうじゃないか」

新日本プロレスは6月16日 (日)、北海道立総合体育センター 北海きたえーるにて『NEW JAPAN SOUL 2024』を開催した。

『NEW JAPAN SOUL 2024』
日時:2024年6月16日 (日) 12:30開場14:00開始
会場:北海道・北海道立総合体育センター 北海きたえーる
観衆:2,370人

セミファイナル(第8試合)では「IWGP GLOBALヘビー級選手権試合」が行われ、王者デビッド・フィンレーに復帰2戦目のSANADAが挑戦。

フィンレーは昨年の『NEW JAPAN CUP』決勝でSANADAに敗戦、そのリベンジマッチになった試合は王者フィンレーが25分31秒 オーバーキルでSANADAを撃破し、初防衛に成功した。

<試合結果>

▼セミファイナル(第8試合) 60分1本勝負
IWGP GLOBALヘビー級選手権試合
<第3代チャンピオン>
デビッド・フィンレー 〇
vs
<チャレンジャー>
SANADA ×
25分31秒 オーバーキル→エビ固め
※フィンレーが初防衛に成功

■試合後バックステージコメント

フィンレー「たった6本のビールだって? この会社の最高の王者に、たった6本とは……。(※外道に向かって確認するように)新日本プロレスはなんて恩知らずなんだ? これぽっちとはな。俺には12本、いや18本、36本のサッポロクラシックを用意すべきだ! (※1本開けながら)まぁ、いいだろう。(※IWGP GLOBALヘビー級王座を外道に預けて)カメラでしっかり撮っておけよ。俺はSANADAをぶっ潰すと言った。そして、その通りのことをした。2024年だけを見ても、ジョン・モクスリー、ウィル・オスプレイの2人を一晩で倒し、これ(IWGP GLOBAL王座)を獲った。時間を早送りしよう。その1カ月後、俺は金網の中で64分も闘い、勝利をつかみ取った。残念なことにその後、ニック・ネメスの野郎に王座を奪われたが、そんなことどうでもいい。15分の再戦で俺はこれを奪い返してやった。そしてSANADAとの対戦を提案した。俺がお前との対戦を望んだんだ。結果はどうだ? 俺が勝利した。俺はたった今、世界が見ている前で元IWGP世界ヘビー級王者を下してやった! 俺ほどパワー、スピード、スタミナを兼ね備えているヤツはどこにもいない。だからこそ、俺はこの会社の最高の王者なんだ。ジョン・モクスリーもHENAREも俺に触れることはできない。ゲイブ・キッドも、タッグ王者の誰も、俺に触れることはできない! 俺はレベルが違うんだ! ということで、この俺に匹敵する相手なんていない。誰も俺に勝つことはできない。俺の復讐もすべて終えた。だから次はロッカールームにいるヤツら次第だ。俺の王座に挑戦したいなら、その手で(チャンスを)つかむんだ。それが出来たら、また会おう。(※テーブルに用意されてある缶ビールを集めながら)外道、俺たちにはやるべきことがある。ビジネスについて話し合おうじゃないか。いい案があるんだ(※と言いながら控室へ)」

SANADA「(※崩れ落ちるようにフロアに座り込んで)やっぱり、復帰してすぐ獲れるほど、簡単なベルトじゃないなあって実感しました。負けた立場の俺が言うのもあれかもしれないですけど、外国人や他団体(の選手)にデカイ顔をさせないためにも、次の目標に向かっていきます(※立ち上がり、ふらついた足取りで控室に向かう)」

<写真提供:新日本プロレス>

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加