【ガンプロ】今が一番楽しいと語る王者・石井慧介「数々の試練を与えてくれたDDTプロレスのおかげもあるのかな」

⑤動画編集担当として伝えていきたいことは?

――ここから話は変わりますが、ガンプロの動画編集担当として、まさか石井さんがやっていると知らない方も多かったと思います。

石井 本当は正体不明でやりたかったんです。石井がやってるんだと言うと、いざ自分の動画やる時にめっちゃナルシストに見えるじゃないですか。

――自分のやつはやりづらいですよね。

石井 やりづらいです。

――素晴らしい編集クオリティをお持ちだから。

石井 全然、そんなんじゃなくてですね。まず、僕、パソコンが苦手なんですよ。携帯アプリで、ガラケーの時代も長かったんですけど、iPhoneを手に入れてから。

――やりやすくなりました?

石井 動画編集のきっかけは、昔から編集グセはあって。例えば、ビデオデッキを2台つなげて、投げっぱなしジャーマンシリーズを作ったり。そういうのは好きだった。それをiPhoneを手に入れて、よく2016年あたりから動画をいっぱい作って。友達のグループラインに送ったりして。これも集大成です。その経験が新体制になって、新体制だとあまり怒られないから。動画を作ることも集大成として、今来ています。

――今まで全部やってきたことの一つ一つが、全部がガンプロ独立に結びついて、今花が開いた感じなんですね。

石井 そうですね。発揮できる時がいよいよ来たのかなと思っています。

――実際に動画編集をされてみてどうですか?

石井 自分で言うのも何ですけど、この選手だったらこの部分がいい、というのを見つける力がもしかしたら多少強いかなという気がして。動画編集でいろいろな選手にスポットを当てていければなと。自分は当てづらいので。

――各選手の一番いいところを見るには、見ておかないとダメですよね。

石井 あと、記憶力が生きていると思います。最近作ったのは、渡瀬は受けっぷりがいいと思ったので、『渡瀬瑞基受けっぷり集』を作ったんです。これを受けた時にこれがよかったなとインプットしてあるので、サラッとできましたね。

――記憶力との戦いでもある、ということですか。

石井 はい、もちろんです。

――これは大変ですね。

石井 そうですね。

――全選手網羅していきながら、いろいろと新シーンで覚えておかないとダメということですね。

石井 それか興味のあるシーンを覚えているか。

――ある意味、ガンプロ一のガンプロマニアみたいな。

石井 マニアになれるように。

――ありがとうございます。そういう部分では皆さんのいいところを基本的には伝えるという役割も。

石井 はい、できたらいいなと。

――大変な重責を担っていると思いました。

 

⑥大会に向けてメッセージ

――最後は大会に向けてのメッセージをお願いします。

石井 まず全カードを見て、直感なんですけど、間違いなくこの大会、盛り上がるなと確信していますので。第1試合から第5試合まですごく盛り上がって、興行としてのいいバトンタッチがメインに来ると思っていますので。僕はきっちり香港国際警察マンを倒して、まだまだチャンピオンとして輝き続けたいと思うので。あと、超満員札止めを目指したいと思っていますので、ぜひ皆さん見に来てください。よろしくお願いします。

――ありがとうございました。

インタビュアー:山口義徳(プロレスTODAY総監督)

『ディザスター・アーティスト2024』
日時:2024年7月15日(月)開場17:30開始18:00
会場:東京・高島平区民館席種

<対戦カード>

⑥スピリット・オブ・ガンバレ世界無差別級選手権
<王者>石井慧介 対 香港国際警察マン<挑戦者>

⑤入江茂弘&渡瀬瑞基&レッカ 対 大家健&岩崎孝樹&前口太尊

④春日萌花復帰戦
勝村周一朗&YuuRI 対 伊東優作&春日萌花

③火祭り公式リーグ戦
今成夢人 対 永尾楓樹

②HARUKAZE&まなせゆうな&バニー及川 対 SAKI&櫻井裕子&真白優希

①和田拓也&山本裕次郎 対 中村宗達&川上翔大

Pages 1 2 3 4

◆プロレスTODAY(LINEで友達追加)
友だち追加